JリーグPRESSBACK NUMBER

湘南DJ、K-1、世界まる見え。
声の表現者・三村ロンドの流儀とは。 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byRyohei Hayashi

posted2020/04/05 11:50

湘南DJ、K-1、世界まる見え。声の表現者・三村ロンドの流儀とは。<Number Web> photograph by Ryohei Hayashi

2014年から湘南ベルマーレのスタジアムDJを務める三村ロンド氏。アウェイの地まで足を運び、サポーターとともにベルマーレを応援している。

どんなフィールドでも変わらない。

 そんな彼に聞いてみたいことがあった。ナレーター業だけでなく、今でもスポーツのような違う舞台に携わる意味は何なのかと。

 少し間を置いた後、一途な答えが返ってきた。

「声の表現者である以上、いかに自分らしさを出せるかが大事。それを喜んでもらえるか。それはどこであっても一緒なんだよね。テレビの前の人もそうだし、ベルマーレやK-1を見ているお客さん、そしてプレーする選手もそう。みんなが盛り上がっていけるように、声で後押しできるようにと考えている。だから、どれだけ全力で自分らしさを表現できるかは、どこのフィールドに立っても変わらないと思っている」

 この日の話は最後まで尽きなかった。新型コロナウイルスの影響で中断している試合が、今後無観客試合になった場合にサッカーやK-1の舞台でどんな盛り上げ方をすればいいのか。テレビ番組のナレーションとしてどういう形で伝えればいいのか。

 先の見えぬ状況下を憂いた上で、最後には笑みを浮かべて同じ言葉を続けた。

「でも、どんなフィールドに立っても変わらない。自分がその場所で声の表現者として証明することはね」

関連記事

BACK 1 2 3 4
湘南ベルマーレ
三村ロンド

Jリーグの前後の記事

ページトップ