炎の一筆入魂BACK NUMBER

佐々岡カープの雰囲気は“快晴”。
嫌われ役も鬼軍曹もいない組織作り。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/03/18 11:00

佐々岡カープの雰囲気は“快晴”。嫌われ役も鬼軍曹もいない組織作り。<Number Web> photograph by Kyodo News

現役時代はカープ一筋18年、2015年からコーチを務めている佐々岡監督はカープの空気を知り尽くしている。

それぞれがどれだけ自覚を持てるか。

 全体練習の中にも選手によって求める強度、レベルを変える。今では当たり前のことも昔は当たり前ではなかった。ただすべてを自由にやらせるだけでなく、主体性があってもそれが間違っていれば正しい方向へ導かなければいけない。当時違和感があったものは正し、柔軟に接している。その姿は鬼軍曹ではない。

 チームに厳しさが足りない分、選手個々がどれだけ自覚を持って取り組めるかにかかっている。3連覇を経験した選手たちが多く残るだけに、明るい雰囲気が個々の能力を発揮しやすい環境となるかもしれない。

 開幕が延期となった新シーズンで、佐々岡カープが組織としてどのような成長曲線を描き、どのように変化を遂げていくのか。ペナントレースの行方とともに、気になるところだ。

関連記事

BACK 1 2 3
広島東洋カープ
佐々岡真司
緒方孝市
横山竜士

プロ野球の前後の記事

ページトップ