欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

実は凄いアタランタCL8強の快挙。
お祝いは“あの敵”を倒したあとで。

posted2020/03/18 07:00

 
実は凄いアタランタCL8強の快挙。お祝いは“あの敵”を倒したあとで。<Number Web> photograph by Getty Images

無観客のメスタージャはやりづらい雰囲気だっただろう。しかし4得点を挙げたイリチッチをはじめアタランタはCL8強に値する戦いぶりだった。

text by

神尾光臣

神尾光臣Mitsuomi Kamio

PROFILE

photograph by

Getty Images

 3月10日、新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、無観客のメスタージャで行なわれたバレンシアvs.アタランタ。アタランタの攻撃を牽引していたイリチッチはベンチに手を挙げ、交代を要求した。肩で息をしているのは誰の目にも明らかだった。

 その権利はあった。すでにハットトリックを達成。そのうち2つはPKによるものだが、ファウルは彼の突破が誘ったものだった。

 しかし78分にプレーが切れたとき、ベンチが呼び戻したのはゴメスだった。ガスペリーニ監督は試合後、地元メディアにこんな裏話を明かしている。

「彼は3-3になったとき交代を要求していた。でもピッチに残し、先にパプー(ゴメス)を呼ぶことにした。4点目を取らせるためだ。彼に言ったんだ。『1分くれ。そうしたら交代させるから』と。何か1つアクションを起こすと疲労が溜まってくるのは分かっている。でも2分もたてばもっと強くなる。だから言ったんだよ『4ゴール目が取れるぞ』と」

4ゴールのイリチッチは結局……。

 他ならぬイリチッチが鮮やかなカウンターからシュートを突き刺したのは、その4分後のこと。味方が左をスピーディーに崩すのに呼応し、開いたゴール前にスルスルっと顔を出すと、フリーで左足を合わせる。ゴールを決めた彼はその後もピッチに残り、結局フルタイムを戦い抜いた。

 かくしてイリチッチはCL決勝トーナメント、敵地での1試合で4得点を決めた初の選手となったわけだが、それはまさに指揮官の目論見によって成されたことだった。

 32歳でCL初出場となったイリチッチを筆頭に、アタランタのほとんどの選手が、このコンペティションに初めて臨んでいる。

 そんな集団は大舞台で萎縮するどころか、緻密に練り上げられたチーム戦術のなかで大胆に個人技を仕掛け、ゴールを積み上げている。

【次ページ】 27台ものバスでサン・シーロへ。

1 2 3 4 NEXT
ヨシップ・イリチッチ
アタランタ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ