SCORE CARDBACK NUMBER

「嫌われ者」がリーガで躍進!
ヘタフェに漂う部活の香り。

posted2020/03/18 08:00

 
「嫌われ者」がリーガで躍進!ヘタフェに漂う部活の香り。<Number Web> photograph by Getty Images

昨季ヘタフェを大躍進させ、国内外の20クラブからオファーが届いたというボルダラス監督。柴崎岳も指導した。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 スペイン人のサッカー観に変化が見えつつある。ポゼッションが大きな意味を持っていたこの国の人々にとって、昨季のリバプールのCL優勝は大いなる刺激となった。それまで善とされることが多かった、可能な限り長い時間ボールを保持し、相手を崩していくサッカーとは異なるスタイルをも受け入れられるようになったのだ。

 今季躍進を続けるヘタフェは、そんな“もうひとつのサッカー”の象徴でもある。

 かつてヘタフェはリーガの嫌われ者だった。華麗なパスワークは皆無、フィジカル重視でとにかくファウルが多い。ポゼッションを否定し、できるだけ早く相手陣地へとボールを前へ送り込む。エースFWのマタは「チームのルールとして、ゲームを落ち着かせてはダメというものがある。ボールは常に動いていなければならない」と、ボール保持によるリズムの低下を正面から否定する。今季もヘタフェのポゼッションはリーグ最低の41%で、ファウル数も他を圧倒する496回だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 464文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将 野村克也が遺したもの

Sports Graphic Number 999

名将 野村克也が遺したもの

 

関連記事

ヘタフェ
ホセ・ボルダラス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ