バスケットボールPRESSBACK NUMBER

YouTubeチャンネルから“革命”を。
Bリーグ川崎が抱く大いなる野望。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byKAWASAKI BRAVE THUNDERS

posted2020/03/16 08:00

YouTubeチャンネルから“革命”を。Bリーグ川崎が抱く大いなる野望。<Number Web> photograph by KAWASAKI BRAVE THUNDERS

「【ガチの神回】プロバスケ選手はどれくらい後ろからシュートが決まるのか検証した結果…」と題された動画のワンシーン。

日本のスポーツ界のパイオニアになりたい。

 これから先、選手が色々な“魚”をさばいていくことになるかもしれない。左右の手で違うリズムでドリブルのできる選手が左右の手足で異なるリズムを刻むドラムに挑戦して、CDを出し、人気音楽番組の「ミュージックステーション」に出演しているかもしれない。

 でも、「ちゃんもも」が強調したいのは、こういうことだ。

「チャンネル登録者も再生数も大事なのですが、川崎ブレイブサンダースとしては日本のスポーツ界のパイオニアになりたいなと思っています。

 バスケットボールとは全く関係のない流れから、Youtubeを通してファンになってもらって、それがダイレクトに来場につながる。どのスポーツクラブも興味は持っているけど、まだ、きちんとは出来ていません。そんな日本のスポーツ界の初めての試みを私たちが成功させたいなと考えています」

旧世代には理解できない?

 少し考えてみると、不思議な現実にぶつかる。

 市場の好みを調査して、求められているものを作り上げる。それがビジネスの基本である。

 それなのに、スポーツクラブがYouTubeに適した形で動画を制作することの重要性は、ひどく軽視されている。

 きっと、YouTubeが新しいメディアで、若年層から人気があるから、ビジネスとは何かを知ったつもりになっている旧世代には理解できないからだろう。

 やらなければいけないこと、当たり前にやれることを徹底できる集団――。

 今年で70周年を迎える川崎ブレイブサンダースというバスケットボールチームに息づくカルチャーを一言で表わすとそうなる。

 そんなカルチャーが、今ではクラブ全体に広がり、日本のスポーツエンターテインメント界に革命を起こそうとしている。

 彼らの強みはきっと、そこにある。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7
川崎ブレイブサンダース
篠山竜青
青木保憲
辻直人
ちゃんもも

バスケットボールの前後の記事

ページトップ