ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビーW杯の功績を風化させない!
元日本代表が子供達に託したボール。 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byMasataka Tara

posted2020/03/08 20:00

ラグビーW杯の功績を風化させない!元日本代表が子供達に託したボール。<Number Web> photograph by Masataka Tara

子供達にラグビーボールを配る小野澤宏時(左)と菊谷崇。ラグビーへの熱を絶やさぬよう、「たくさん汚してね」と語りかける姿が印象的だった。

寄付金をプレゼント用のボールに。

 この発信に、日本代表の先輩でもあるBUアカデミーの3人も共鳴した。

 そしてすぐ行動を起こした。アカデミーへの寄付金を原資としてプレゼント用の特製ボールを作ったのだ。

「昨年、世界的な墨絵アーティストの茂本ヒデキチさんとアカデミーで、コラボグッズを作りました。グッズの収益をアカデミーに寄付して頂いたのですが、その用途を考えていた時、望月がSNSで『ラグビーボール日常化作戦』を発信しているのを見て、これがいい、と」(菊谷氏)

 ボールはラグビーショップ『Rugby Online』が「取り分なし」(菊谷氏)で製作。W杯後に約200球ができあがった。

 寄付金をアカデミーの資金にする選択肢もあったが、3人はプレゼント用のボール製作を選んだ。その心意気にラグビーを愛する多くの人、会社が賛同した。この作戦のためだけに誕生したボールには、関わった人びとの想いを代弁するかのように『No Rugby No Life』の文字が刻まれている。

楕円球には不思議な力がある。

 発案者である東芝の望月氏、そしてBUアカデミーの3人は“フォロワー”を求めている。

 もちろん特製ボールである必要はない。不要になった使用済みボールでいい。子供達がボールに触れたら、きっと何かが起こる。楕円球には不思議な力がある。

「子供達の目の前にラグビーボールを転がしたら追いかけます。それが楕円球という形のすごいところ。ラグビーボールがたくさんあれば、面白いことが勝手に起きますよ」(小野澤氏)

 子供達の日常に、ラグビーボールを――。

関連記事

BACK 1 2 3
東芝ブレイブルーパス
望月雄太
箕内拓郎
小野澤宏時
菊谷崇
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ