プロ野球PRESSBACK NUMBER

藪恵壹「ボーア、彼は打ちますよ」
今年の阪神に期待できる理由は?

posted2020/02/28 20:00

 
藪恵壹「ボーア、彼は打ちますよ」今年の阪神に期待できる理由は?<Number Web> photograph by Kyodo News

藪氏が期待するジャスティン・ボーア。クリーンナップとして打線を牽引する活躍を期待したい。

text by

藪恵壹

藪恵壹Keiichi Yabu

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 長かったキャンプが終わり、2020年シーズンの開幕に向けたオープン戦が始まりました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響でこの先の全試合が無観客試合となり、先行きは不安な面もありますが、3戦終わった時点での阪神タイガースには期待が持てそうです。

 強みである投手陣のチーム内競争は、さらに激しさを増しています。軸になるのは西勇輝、高橋遥人、青柳晃洋の3本柱でしょう。中でも、高橋の状態の良さは“チーム1”と言って過言ではありません。キャンプでは投手部門のMVPも獲得しましたし、開幕戦を任せてもいいのでは? と思ってしまうほど。

 ただ、開幕戦は独特の雰囲気があり、若手では押しつぶされてしまうリスクもありますから、経験豊富な西に託すという選択はベターだと思います。

3本柱に続く、秋山の仕上がりが良い。

 その次に控えているのが、新外国人のジョー・ガンケル、秋山拓巳、岩貞祐太の3人です。

 秋山はとても良い仕上がりですね。練習試合では中日・福田永将に2ランを打たれたりしていましたが、上手に打たせていましたから心配ありません。12勝を挙げた17年以来の活躍が期待できそうです。岩貞も悪くありませんが、右バッターのアウトローへの真っ直ぐを投げきれるかどうかがポイントになると思います。

 山本昌臨時コーチの指導を受けたことで注目が集まった藤浪晋太郎は、ローテーションの6、7番手を争っていくことになります。キャンプインした秋からずっと見てきましたが、大きく変わった感じはしないですね。最大の課題である右バッターへの抜け球は今のところ見られませんが、疲れが出てきたら誰でも1つや2つ出てくるものですから。そのときに修正できるかが勝負になってくるでしょう。

【次ページ】 “中継ぎ王国”は継続の予感。

1 2 3 NEXT
ジャスティン・ボーア
西勇輝
高橋遥人
青柳晃洋
秋山拓巳
藤浪晋太郎
近本光司
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ