SCORE CARDBACK NUMBER

16球団構想のカギ?
新球団・琉球の存在意義。

posted2020/02/28 15:00

 
16球団構想のカギ?新球団・琉球の存在意義。<Number Web> photograph by KYODO

球団設立時にGMだった田尾(右)は、キャンプからシニアディレクター兼打撃総合コーチとして指導にあたる。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 王貞治さんが今年の初めに出演したテレビ番組の中で、「NPBの球団数は16が望ましい」と発言したことが話題を集めた。王さんはその真意についてこう話していた。

「球団数を増やすのが大変だということはわかっているんだけど、それでも地方にはそうした活動を熱心に続けている人たちがたくさんいるんでね。NPBとしても現状に胡座をかいていてはイカンということ。野球界のためにはチームは全国に広がったほうがいいんだから……NPBのほうから『手を挙げてくれるところはありませんか』と問いかけるくらいのことはしてもいいんじゃないかな」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 647文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

女子ゴルフ 黄金の挑戦

Sports Graphic Number 998

女子ゴルフ 黄金の挑戦

 

関連記事

琉球ブルーオーシャンズ
田尾安志

プロ野球の前後の記事

ページトップ