“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

J1高卒ルーキー診断と戦略・後編。
浦和・武田英寿は開幕も狙える? 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2020/02/15 11:45

J1高卒ルーキー診断と戦略・後編。浦和・武田英寿は開幕も狙える?<Number Web> photograph by Takahito Ando

浦和サポーターの期待も大きい武田。早くもキャンプで存在感を示している。

J2で期待したい高卒ルーキーは?

 最後にJ2リーグで期待したい高卒ルーキーを2人紹介したい。

 まず、大宮アルディージャのMF高田颯也だ。

 高田は質の高いドリブラータイプ。わずかな身体の揺れで相手の逆を突くコース取りは抜群だ。まるでそこに花道があるかのように、一直線にゴールに向かっていく。上体が下がることなく、相手DFから見ても常に「見られながら」進んでくるため、むやみやたらに飛び込めない。さらに足のスイングもシャープで、相手を剥がした瞬間に正確なラストパスやシュートを放つ。いずれクラブの10番を背負う人材になるだろう高田に注目してほしい。

 もう1人はモンテディオ山形のDF半田陸だ。

 すでにリーグデビューを飾る半田を高卒ルーキーと扱っていいかはわからないが、彼はとにかく頭がキレる。ピッチ全体の状況を常に把握し、危険なスペースを察知する能力に長けているのだ。CB、ウィングバック、ボランチとしてもプレーし、それぞれで高いカバーリング力を発揮する。正確なキック、対人の強さ、奪ってからの展開も常に頭に入れており、将来的にA代表も目指せる存在だと推したい。今季は飛躍の1年にしたいところだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
大分トリニータ
北海道コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
清水エスパルス
名古屋グランパス
浦和レッズ
サガン鳥栖
湘南ベルマーレ
柏レイソル
横浜FC

Jリーグの前後の記事

ページトップ