SCORE CARDBACK NUMBER

スパイクを脱いだ小椋祥平。
「マムシ」の下剋上はこれからも。
~略奪系ボランチの代表格~

posted2020/02/15 18:00

 
スパイクを脱いだ小椋祥平。「マムシ」の下剋上はこれからも。~略奪系ボランチの代表格~<Number Web> photograph by Getty Images

16年目を迎えた昨季も、円熟したプレーで甲府を支えた小椋。J3まで含めた通算出場数は376試合に及んだ。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 大河ドラマ「麒麟がくる」で斎藤道三を演じるモックンの怪演ぶりが話題になっている。「マムシ? 誰がっ!」と舌なめずりするシーンに思わず背筋が凍った。

 狙った獲物は必ず仕留めてみせる。Jリーグで「マムシ」の異名を誇る小椋祥平が引退した。美濃に近い甲斐すなわちJ2ヴァンフォーレ甲府で昨季もチーム最多タイの41試合に出場して働きまくったものの、契約非更新となった。まだ34歳。年が明けてもJ1、J2のクラブからオファーがなかったため、スパッとスパイクを脱ぐ決心を固めた。

 味方からすればこんなに頼もしいヤツはいなかった。一度狙いを定めたら相手にキバをむくようにして食らいつき、ボールを奪い取る“略奪系ボランチ”。躊躇や遠慮は一片もなく、ボールを一気に呑みこむ術は相手に怖れられてきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 541文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桑田佳祐響け!音楽とスポーツ

Sports Graphic Number 997

桑田佳祐
響け!音楽とスポーツ

 

関連記事

小椋祥平
ヴァンフォーレ甲府

Jリーグの前後の記事

ページトップ