テニスPRESSBACK NUMBER

ナダルとの因縁、森林火災に寄付、
コービー愛。憎めぬ反逆児キリオス。 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/01/29 20:00

ナダルとの因縁、森林火災に寄付、コービー愛。憎めぬ反逆児キリオス。<Number Web> photograph by AFLO

コービー・ブライアントのレイカーズ時代のユニフォームで登場したキリオス。こんなことができる男が単なる問題児であるわけがない。

森林火災の寄付をいち早く申し出。

 また、オーストラリアは昨年末からの森林火災で深刻な被害を被り、テニス界でもさまざまなかたちで寄付活動が広がっているが、個人的な寄付をいち早く申し出たのはキリオスだった。

 今大会でも、年初に行なわれた国別対抗戦『ATPカップ』でも、全選手が放ったサービスエース1本に対して100豪ドル(約7500円)が寄付されたが、それとは別にキリオスはエース1本200豪ドル(約1万5000円)の寄付を約束。これまでシングルスだけでも169本のエースを記録し、寄付額は3万3800豪ドル(約250万円)に上っている。2017年にプエルトリコを襲ったハリケーンの際も最初にエース基金を始めた。

「僕の中の悪いヤツが何度も」

 その一方で、実は今も執行猶予中の身。

 昨年9月、度重なる違反行為の末に科された処分に、6カ月間の執行猶予がついた。この間に罰金対象となるような違反行為をすれば、16週間の出場停止となり、2万5000ドルの罰金を払わなくてはならない。年が明けてからラケットは何本も壊しているが、今のところ警告止まりで辛抱している。

 ナダルのコメントにこう反応した。

「うれしいけど、そんなことは僕だってわかってるんだ。この4年くらいずっとね。ただ、僕の中の悪いヤツが何度でも同じ態度を繰り返すんだ。でも1日1日、少しずつでも成長できるようにがんばろうと思うよ」

 こんなキリオスが持続するなら、自己最高位が13位で終わるはずがないし、ましてや今26位などであるはずがない。ピュアな心を持った反逆児はどう変わるのか、テニス界をどう変えるのか――多くの温かい目と関心が注がれている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ニック・キリオス
ラファエル・ナダル

テニスの前後の記事

ページトップ