テニスPRESSBACK NUMBER

ネット破壊より凄い大坂なおみの力。
ブレーク危機を凌ぐ集中力と風格。

posted2020/01/21 19:00

 
ネット破壊より凄い大坂なおみの力。ブレーク危機を凌ぐ集中力と風格。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

第2セットでは1度ブレークされたものの直後にブレークバック。ブレない精神力も大坂なおみは身に付けつつある。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 選手の強さは試合の様々な場面から見てとれる。前年女王としてマリエ・ブズコバ(チェコ)の挑戦を受けた全豪オープン1回戦では、大坂なおみが放った弾丸サーブでネットのセンターストラップの取り付け部分が壊れ、修理のために試合が数分間中断、「ネットを壊した」と話題になった。

 第2セット0-1で迎えたサービスゲームでの出来事だった。大坂が15-40からデュースに追い上げた。「ネット破壊」は次のポイントで起きた。

 サーブがストラップを直撃。取り付け部分のひもが切れたか外れたか、という程度の損傷だったが、確かに「破壊」だ。さすが女子ツアーきってのビッグサーバー、と観客席がざわついた。

4連続フリーポイントでピンチ脱出。

 珍事ではあった。しかし、本来はこのゲームの大坂が、サーブ4本、4連続フリーポイントでブレークのピンチを脱したことに感嘆すべきだ。

 立ち上がりの大坂には硬さが見られ、丹念にボールを拾うブズコバのストロークを仕留めるのに難儀した。怖さはないが、粘り強く、ボールをとらえる感覚にすぐれたブズコバだけに、第2セットで0-2と先行を許すのは避けたかった。

 15-40、ブレークのピンチを迎えた大坂はギアを上げた。この試合での最速となった時速189キロのサーブなど、エースを2本続けてデュースに追いついた。「ネット破壊」で打ち直しとなったファーストサーブは相手のリターンミスを強いた。

 アドバンテージを握ってのサーブは、またもエース。この試合で7本決めたエースのうち3本を、この1ゲームに集中させたことになる。まさにトッププレーヤーらしい強さだった。

【次ページ】 ブレークを許した場面では……。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ

テニスの前後のコラム

ページトップ