ゴルフPRESSBACK NUMBER

米ツアー初競演は畑岡奈紗が貫録。
河本結「なっさーはさすがだなと」。

posted2020/01/27 20:00

 
米ツアー初競演は畑岡奈紗が貫録。河本結「なっさーはさすがだなと」。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

ゲインブリッジLPGAを2位で終えた畑岡奈紗(右)と初の米ツアー戦でトップ10入りした河本結。共に21歳、これからどんな活躍を見せるか。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

 畑岡奈紗と河本結――。米ツアー第2戦「ゲインブリッジLPGA」で、21歳の日本女子がアメリカツアーのメンバーとして初めて競演した。

 圧巻の強さを発揮したのは、米ツアー4年目の畑岡奈紗である。

 最終日18番でパーパットを外したことで、惜しくも優勝トロフィーに届かなかったものの単独2位に入った。

 先週の開幕戦に引き続き、2試合連続2位である。

「『あと一歩で』というところが2試合続いたので、もちろん悔しい部分はありますが、まだまだ試合が残っていますし、この一打を詰めれるように頑張りたいです」

 畑岡は試合後に雪辱を誓った。

畑岡の好調さはオフの準備にある。

 WOWOWのラウンドレポーターの片平光紀が、畑岡の好調さの要因を教えてくれた。

「去年から全体的にレベルアップしてるなと感じますが、特にこの2試合で良かったのはショートゲームです。たとえグリーンを外しても、寄せるんじゃなくて、どの難しいライからでも入れる、入れにいってる感じがしますね」

 オフにしっかり準備出来たことも好調さにつながっているだろう。

 一昨年に米ツアー初優勝を含む2勝を挙げたため、オフはメディア対応や成人式など、慌ただしい時間を過ごして、昨年の開幕戦に突入してしまった。その経験を活かして、今オフは、仕事と練習時間のバランスを取り、ショットの打ち分けや上半身のトレーニングにしっかり取り組み、良い状態で開幕戦を迎えることが出来た。

 ただ、いくら好調でも、実力が伴わなければ、優勝争いに加われない。2つのタイプが異なるゴルフコースで結果を残した畑岡の強さを片平は讃える。

「開幕戦はワイドオープン(フェアウェイが広く、殆どが平らなホール)だったので、多少ミスしても大丈夫なコースでした。一方、今週は、正確性を要求されたコースです。距離が長く、グリーンは小さめ。良いショットを打たないとグリーンに乗りませんので」

 決して、まぐれではない。世界ランク5位(1月20日付)の実力は本物である。

【次ページ】 米メディアが驚いたユイ・カワモト。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

畑岡奈紗
河本結
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ