欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

得点王争いで独走するインモービレ。
ラツィオ、20年ぶりの優勝へ期待感。

posted2020/01/18 09:00

 
得点王争いで独走するインモービレ。ラツィオ、20年ぶりの優勝へ期待感。<Number Web> photograph by Getty Images

前半戦20ゴールと好調を維持するFWインモービレ。ラツィオを20年ぶりのスクデットへ導けるか。

text by

神尾光臣

神尾光臣Mitsuomi Kamio

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2020年1月11日、セリエA第19節。ラツィオvs.ナポリは0-0で試合終盤に差し掛かっていた。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任間もないナポリは猛攻を仕掛け、多くのチャンスを作った。

 ラツィオはGKトマス・ストラコシャを軸とした堅守で耐え、迎えた82分。パスコースを探そうとボールを足下に置いて周囲を見回したナポリGKダビド・オスピナに、エースストライカーであるチロ・インモービレが猛然と詰め寄る。そこで一気にボールを奪い、ガラ空きとなったゴールにボールを放り込む。ナポリDFジョバンニ・ディロレンツォがカバーに入るが間に合わず、ゴールが決まった。

 この1点が決勝点となり、ラツィオは競り勝った。これで10連勝。

 1998-99シーズンに樹立したクラブ記録を塗りかえた。クラブの黄金期の数字に肩を抜いたということである。

20年ぶりのスクテッド獲得へ。

 この勝利により、前半戦を終えたリーグ戦は首位ユベントス(勝ち点48)と6差の3位。しかも、絶対王者に唯一の黒星をつけているのがラツィオである。第15節の対戦では先制を許しながらカウンターで攻略し、選手1人を退場に追い込んだうえに3得点を奪って勝利した。ユーベには12月のスーペルコッパでも競り勝っている。

 こうなると熱を帯びるのは、1999-00シーズン以来となる20年ぶりのスクデット獲得によせる期待感である。

「正直に言えば、スクデットを奪うのにあとわずかのところまで来ていると思う」

 かつてラツィオの選手として優勝の美酒を味わったシモーネ・インザーギ監督は、地元メディアに成長の実感を口にしている。指揮官の言葉どおり、ラツィオの実力は果たして本物なのか――。

【次ページ】 サラス、ビエリ、マンチーニ、ネスタ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ラツィオ
チロ・インモービレ
シモーネ・インザーギ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ