Jをめぐる冒険BACK NUMBER

アジア早期敗退を招いた甘い姿勢。
浴びた批判はJで見返すしかない。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJFA/AFLO

posted2020/01/17 18:00

アジア早期敗退を招いた甘い姿勢。浴びた批判はJで見返すしかない。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

横内昭展コーチとコミュニケーションを取る森保監督。熱くチームを引っ張る姿勢を見たいというファンも多いはずである。

杉岡、相馬がこぼした悔しさ。

「今回の23人は本当にすごく悔しい思いをしたし、今は見たくなくてもネットを見る世代。批判の声がすごくあって、それを見なかった選手はいない。そういう悔しい思いを伝えなきゃいけないし、この失敗を繰り返してはいけない」

 カタール戦でキャプテンマークを巻いた杉岡大暉が思いを吐露すると、シリアとの第2戦でゴールを決めた相馬勇紀もチームメイトとの話し合いの内容を明かした。

「今回みんなで話し合ったのは、この先違うメンバーが集まったとき、今回の経験がなくなっちゃうんじゃなく、ここから五輪に向けてチームを作っていく中で、メンバーが変わってもこの経験を共有できるようにしようと。そこをしっかりやっていきたい」

 次のU-23代表の活動は3月の南アフリカ戦、コートジボワール戦。この2試合はインターナショナルマッチウイーク中のため、森保監督は「11月の活動(コロンビア戦)のような形にしたい」と、久保建英や堂安律といった海外組を多く招集する意向を明かした。

「東京五輪へのサバイバル」と位置づけられた今大会でグループステージ惨敗を喫した今回のメンバーの多くは、もしかすると、3月の活動では海外組によって弾き出されてしまうかもしれない。

 だが、杉岡の、相馬の言葉を聞くと、今回のメンバーの逆襲に期待せずにはいられない。

 南アフリカ戦、コートジボワール戦でチャンスをもらえるかどうかは2月21日に開幕するJリーグでのパフォーマンスに懸かっている。そこで森保監督に認めさせることができるか。

 今回のメンバーの所属クラブでのプレーに、熱い視線を注ぎたいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
森保一
相馬勇紀
杉岡大暉
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ