新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『うつ白 そんな自分も好きになる』
双子のサッカー選手が明かす
うつとの凄絶な戦い。 

text by

中野和也

中野和也Kazuya Nakano

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/01/15 08:00

『うつ白 そんな自分も好きになる』双子のサッカー選手が明かすうつとの凄絶な戦い。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『うつ白 そんな自分も好きになる』森崎和幸、森崎浩司著 TAC出版 1500円+税

 目の焦点が合わない。新聞を読んでも文章が頭の中に入ってこないし、思考することもできない。心臓の鼓動が激しく、手足も冷たくなり、寝たきり状態なのに睡眠もとれない。喜怒哀楽の感情もなくなり、五感が麻痺してくる。2009年、森崎和幸が語ってくれた具体的な症状は、「うつ病」について何もわかっていなかった筆者の心に深く突き刺さった。

 同じ年の8月17日、8カ月ぶりに戻ってきた森崎浩司を練習場で見たサポーターが「新しく補強した選手ですか」と聞いてきた。げっそりと痩せた体躯、真っ白に透き通り血色が消えた肌、活力のない動き。実はこの姿ですら回復途上だったという事実を後に知った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 697文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

森崎和幸
森崎浩司
サンフレッチェ広島

Jリーグの前後のコラム

ページトップ