Beyond The GameBACK NUMBER

「ミョウジン」と呼べばよいのだ。
~明神智和という希少な存在感~

posted2020/01/12 19:00

 
「ミョウジン」と呼べばよいのだ。~明神智和という希少な存在感~<Number Web> photograph by AFLO

2003年、柏時代の明神。その前年にはW杯日韓大会にも出場した。2020年からガンバ大阪ジュニアユースコーチに就任する。

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

AFLO

 ひとりをずっと追う。集団競技の観戦の密かな楽しみだ。昔、ある男について実行してみた。

 2003年7月26日。国立競技場。午後7時2分キックオフ。

 見た。明神智和だけを。

 Jリーグ、柏レイソルのゴールドでなくシルバーの光を放つ中盤はあのとき25歳だった。

 当時、ずっと「わが格別なるひいき、明神のみを凝視」というプランを練っていた。いよいよ当夜がやってくる。記録を繰ったら、柏はジュビロ磐田に「0-1」で負けていた。そこはどうでもよかった。ただただレイソルの背番号7の途切れぬ攻守を双眼鏡で密着マークした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 955文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の告白。ラグビー日本代表冒険記2019

Sports Graphic Number 993・994

桜の告白。
ラグビー日本代表冒険記2019

 

関連記事

明神智和
柏レイソル
AC長野パルセイロ

Jリーグの前後の記事

ページトップ