JリーグPRESSBACK NUMBER

神戸優勝の要因はむしろ日本人選手?
飯倉、那須が語る緩さからの脱却。
 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byJFA/AFLO

posted2020/01/06 20:00

神戸優勝の要因はむしろ日本人選手?飯倉、那須が語る緩さからの脱却。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

神戸の大補強戦略の中でも重要な役割を果たしたGK飯倉大樹。守備の要であると同時に、ビルドアップのスターターでもある。

ACLでは外国人選手の枠も変わる。

 神戸が次に目指すのは、ACL優勝だ。

 しかし、ACLの外国人選手登録枠は3人とアジア枠1人しかない。この天皇杯決勝で4人の外国人選手を先発させた神戸だが、ACLでは違うメンバーを組まなければならない。登録も開幕前に行う形で、試合毎の変更ができないのも難しい判断になるだろう(準々決勝前に再度登録機会が設けられている)。

 しかも、神戸が入るグループGには、広州恒大(中国)や水原三星(韓国)の強豪クラブがひしめく。2月8日のゼロックス杯に続き、12日にはホームでのACL初戦対ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が控える。

 欧州CLと同様の試合数だが、毎月Aマッチデーでリーグ戦が休みになる欧州CLと違い、ACLの場合は、休みなくリーグ戦が行われる中で戦わなければならない。非常に過密な日程を乗り越えるためにも、勝利がエネルギーになるはずだ。

 スペインや日本の代表など、神戸には経験豊富な選手が揃う。その経験がチームにいかに浸透していくのか。天皇杯優勝という自信をチーム力に反映するための重要な2020年シーズンになっていくだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
ヴィッセル神戸
アンドレス・イニエスタ
ルーカス・ポドルスキ
ダビド・ビジャ
飯倉大樹
那須大亮

Jリーグの前後の記事

ページトップ