サムライブルーの原材料BACK NUMBER

J3昇格、今治・岡田武史の本音(下)。
「新スタジアムは健康や教育に使う」

posted2019/12/16 19:05

 
J3昇格、今治・岡田武史の本音(下)。「新スタジアムは健康や教育に使う」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

日本代表監督を2回務めた名将だったが、公認S級コーチライセンスの更新を見送り、指導者としては引退した。今は経営に専念している。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

 あの日、岡田武史は、安堵した。

 FC今治の力強さが戻ったことに、チームの活力が戻ったことに。

 5試合勝ちなしの状況で迎えたJFL第26節11月3日のホーム、流経大ドラゴンズ竜ケ崎戦は5点を奪っての圧勝劇だった。

 勝てない時期に、岡田は今季の指揮をとった小野剛監督に一本のメールを送ったという。

「試合を見ていて、悪循環に陥っている感じがした。言っていいタイミングを考えて、自分が感じていることを伝えた。そのあと、ちょっと話をしたかな。

 現場はあくまで監督に任せていることだから。どう感じて、どう対処するかは監督次第。でも監督も(結果が出ず)かなり悩んでいたし、苦しんでいた。彼からもメールが来て、『方向性が見えた気がします』と。

 流経大にしっかり勝てたことが、(昇格を決た)岡崎との試合にもつながったんだと思っている」

6人で始めた会社は25人を超えた。

 どんな監督も、会長や社長に介入されたくない。岡田だってもちろん分かっている。

 しかし経験豊富な指導者目線から見えるものもある。極力、介入しないように心掛けてきたつもりではある。監督の威厳、プライドを傷つけることなく、チームの迷いを取り去るきっかけをつくりたい。

 岡田なりの配慮は、現場にもうまく伝わった。流経大戦の快勝劇が、何よりもそれを物語っていた。

 FC今治の会長になって丸5年。

 新たにスタートさせた会社を文字どおり先頭に立って、引っ張ってきた。バックスタッフ6人で始めた会社は、25人を超えるまでになった。

「社員、選手、コーチ、スタッフがいて、彼らには家族がいる。『給料払えません』とは絶対に言えない。経営を片手間にやれるわけがない」

【次ページ】 「シャッター商店街」の現実も目の当たりに。

1 2 3 4 NEXT
岡田武史
FC今治

Jリーグの前後のコラム

ページトップ