バレーボールPRESSBACK NUMBER

諦めかけた清水邦広を支えた名医。
バレー界に信頼される「荒木先生」。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/11/27 11:30

諦めかけた清水邦広を支えた名医。バレー界に信頼される「荒木先生」。<Number Web> photograph by AFLO

右膝の怪我を克服した清水邦広。右膝の手術を執刀した荒木大輔医師は、多くのバレーボール選手を復帰へと導いてきた。

選手のしんどい思いも共有する。

 昨年12月に二度目の左膝前十字靭帯損傷の手術を行い、復帰に向けて歩んでいる長岡はこう話す。

「荒木先生はすごく親身になってくれる。私はお医者さんの前で身構えてしまうほうなんですが、荒木先生には、不安なことや気になっていることを、頑張らずに話せます」

 患者に対しては、もちろん手術して終わりではなく、復帰までの細かなプランを立てて詳しく説明する。トラブルが起きてリハビリが後戻りした場合も、何一つ隠すことなくありのままを説明し、共に歩んでいく。

「トラブルになると、言いたくないことも山ほどあります。もう一度、全部1からやらなあかんとか。でもやっぱり、事実を全部伝えて、しんどい思いもちゃんと共有していきたいと思っています」

 清水は、「きつい状況でも前向きなプランニングをしてくれて、例えば感染症になって後戻りしたけど、復帰は頑張れば1カ月遅れぐらいでいけるとか。曖昧じゃなく、いつも具体的に言ってくれるので、僕たち選手は、じゃあそれに向かって頑張ろうと思える。頑張り甲斐があったし、不安を和らげることにもなっていました」と言う。

焦る清水とマイペースな長岡。

 リハビリへの向き合い方は選手によって違う。例えば清水は、「先に先にやりたい病」だと自分で言う。

「まだ足をついたらあかんと言われているのについたり、先生にとっては頭を抱える患者だったと思います」

 荒木が説明したプランを、清水はスマートフォンに全部細かく記録し、毎日、日数を数えて、「この日からこれできますよね?」と念押ししてきた。

「いや、それは状態によって、ということやん」(荒木)

「え、この日って言いましたよね」(清水)

 そんな問答は日常茶飯事。時には1週間ほどサバを読んで前倒ししようとすることもあった。

 逆に長岡は、荒木によると「超マイペース」。荒木が「もうちょっとやったほうがいいんじゃない?」と促すこともあった。そんな時、長岡は「トレーニングはね、言われてやるもんじゃないんです。本人がやらなきゃいけないと感じてやるものなんですよ」と言い返す。しかし一度スイッチが入ると、並外れた集中力と覚悟を見せて荒木を驚かせた。

【次ページ】 「自分の足っぽくなってきた」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
清水邦広
長岡望悠
浅野博亮
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ