“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

「こんなドリブルをする選手が」
鹿島スカウトも驚く18歳の技と視野。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/11/15 20:00

「こんなドリブルをする選手が」鹿島スカウトも驚く18歳の技と視野。<Number Web> photograph by Takahito Ando

浜松開誠館戦の勝利に貢献した静岡学園MF松村優太。目標の選手権出場まであとひとつだ。

因縁の相手から奪ったゴール。

 第98回全国高校サッカー選手権静岡県大会。選手権出場をかけた県予選で、松村は圧巻のプレーを見せた。

 準決勝の相手は昨年度王者の浜松開誠館高校。ここ2年連続で決勝で敗れ、選手権出場を果たせていない静岡学園高校にとって、因縁の相手だった。

 4-1-4-1の右サイドハーフで出場をした松村は、開始早々から質の高さを見せつける。7分、中央でボールを持った松村は飛び込んできた相手DFをファーストタッチで交わすと、一気に加速。「いい形で1枚目をはがせたので、このまま行けば突破できるんじゃないかと思った」と、食いついてきたもう1枚のDFを右アウトサイドでかわし、ゴール方面にさらにスピードアップ。自らにスルーパスするような大きなタッチで抜け出すと、気付けばGKと1対1。GKと交錯したが、その際もボールの場所を見逃さず、倒れ込んだ状態から右足を振り抜いて無人のゴールに突き刺した。

 後半に入ってもその威力は増すばかり。42分、右サイドでDFの間をこじ開け、ペナルティーエリアに侵入すると、鋭い切り返しで一気に4人抜き。「GKが飛び出してくるのが見えたので、かわせるなと思った」と、最後の砦まで抜きにかかると、相手GKもたまらず、松村の足に手をかけた。自ら獲得したPKを落ち着いて決め、リードを2点に広げた。

DFの間をすり抜ける松村。

 ただ、圧巻だったのはPKを決めた直後のプレーだった。

 松村は右サイド深くでボールを受けると、相手DF2人がマークに来ているのを視野に捉える。1人を自分のゾーンに引き入れるべく、一度右にボールを持ち出して食いつかせると、そのまま一気にターン。カバーに切り替えたもう1人との間にドリブルで割って入った。その際、ボールが自分の足元深くに入ったため、右足を前に踏み込み、左足のインサイドでボールを擦り上げるように回転をかけてDFの股の間を通す。そのまま左足を前に踏み出して、2人の間をすり抜けていったのだ。

 そこから、ペナルティーエリア内深くまでドリブルすると、ニアサイドのスペースに走りこんだ味方へクロス。シュートは相手のブロックに阻まれたが、この一連の松村のプレーには、才能と魅力が凝縮されていた。

【次ページ】 スラスラと解説する18歳。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鹿島アントラーズ
松村優太
静岡学園高校

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ