“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

「こんなドリブルをする選手が」
鹿島スカウトも驚く18歳の技と視野。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/11/15 20:00

「こんなドリブルをする選手が」鹿島スカウトも驚く18歳の技と視野。<Number Web> photograph by Takahito Ando

浜松開誠館戦の勝利に貢献した静岡学園MF松村優太。目標の選手権出場まであとひとつだ。

松村優太の武器は「ドリブル」。

 今回の4人の中で驚きだったのは松村だろう。鹿島ユースの山田、荒木は高校1年時から、染野は昨年の大ブレイクで一気にその名を轟かせていた。この3人に比べると、松村のネームバリューはやや劣る。

 しかし、彼のプレーを一度見たことがある人は、鹿島が獲得に動いた理由がすぐに分かるかもしれない。松村には明確な「武器」がある。

 彼の持ち味はずばりドリブル。それを得意とする選手は数多くいるが、松村の繰り出すリズムは一味違う。ドリブラーの悪癖として、ボールばかりを追う「ヘッドダウン」が指摘されるが、松村は常に顔が上がっている。仕掛けている最中でも周囲の状況をしっかりと確認。瞬時にドリブルコースを見極め、足のあらゆる箇所を使ってボールタッチを繰り返し、パスへ変える判断も早い。ボールを受ける前から2手、3手先の情報まで察知するだけでなく、50mを5秒8で駆け抜ける爆発的なスプリント力、そしてボディーバランスも併せ持っているのだ。

鹿島スカウトが受けた衝撃。

 椎本、鈴木の両スカウトも彼のドリブルの質の高さに驚愕し、獲得への意欲を一気に高めていた。

「今年3月のヤングサッカーフェスティバルで染野唯月(当時、日本高校選抜)を見に行ったら、対戦相手の静岡県ユース選抜に松村がいて、そこで初めて見たんです。椎本さんと2人で『こんなドリブルをする選手がいるんだ』と衝撃を受けましたね。

 ドリブルをしながら周りが見えているからこそ、行ける時は行くし、シンプルにクロスを上げることもする。まずああいうタイプが今の鹿島にはいない。ドリブルであれだけ仕掛けられるのは今時珍しいと思っていて、素走りも速いし、彼はちょっと違った。これで追いかけようと思った」(鈴木)

 それゆえ、オファーを出したのも松村が最後だったという。

【次ページ】 因縁の相手から奪ったゴール。

BACK 1 2 3 4 NEXT
鹿島アントラーズ
松村優太
静岡学園高校

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ