プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「動くボール」攻略は3人だけ……。
プレミア12米国戦敗北で見えたもの。

posted2019/11/13 12:00

 
「動くボール」攻略は3人だけ……。プレミア12米国戦敗北で見えたもの。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

8回、二塁打を放った鈴木は浅村の左前安打でホームに生還、1点差に迫ったが……。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

「負けた全責任は私にある」

「プレミア12」大会で初黒星を喫した米国戦後の共同記者会見。侍ジャパンを率いる稲葉篤紀監督は、何度もこの言葉を繰り返した。

 手痛い黒星は試合前の米国の“奇襲”から始まっていた。前日に発表されていた予告先発のタナー・ハウク投手が、試合開始4時間前に急遽、ペン・マーフィー投手に変更された。同じ右のサイドスローとはいえ「ちょっと驚きましたね」と試合前の稲葉監督も戸惑いを隠さなかった突如の先発変更。悪い予感は見事に的中してしまった。

 140km後半の真っ直ぐにツーシーム、スライダーを繰り出すマーフィーのボールに侍打線が、またも手こずった。

メジャーのプロスペクト軍団に捕まった。

 初回は2死から近藤健介外野手(日本ハム)、鈴木誠也外野手(広島)の3、4番が連続四球を選んだが、5番に座る吉田正尚外野手(オリックス)が二ゴロに倒れて無得点。逆に直後の2回に先発の高橋礼投手(ソフトバンク)がメジャーのプロスペクト軍団に捕まった。

 口火を切ったのは「MLB.com」選出のトッププロスペクトランキングに名前を連ねるシカゴ・ホワイトソックス傘下のアンドリュー・ボーン内野手だった。

 このボーンに高橋がカウント1ボール1ストライクから外角に流れるスライダーを右翼線にはじき返される二塁打を浴びる。そして内野ゴロの1死三塁から、続くジェイコブ・クローネンワース内野手の強い一塁ゴロの間に一気にホームを陥れられ先制点を奪われた。

 さらに3回には9番のコナー・チャタム内野手の左中間への二塁打をきっかけに、セーフティー気味の送りバント、四球で1死一、三塁とされると、3番に入ったロバート・ダルベック内野手に左翼線二塁打を打たれて2点目を失った。

【次ページ】 動くボールを攻略できているのは3人くらい。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

稲葉篤紀
近藤健介
鈴木誠也
浅村栄斗
菊池涼介
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後のコラム

ページトップ