Number ExBACK NUMBER

泰然自若の堀江翔太が完敗を認めた。
南アは「レベルが全然違いました」。 

text by

朴鐘泰

朴鐘泰Park Jong Tae

PROFILE

photograph byAtushi Kondo

posted2019/11/08 17:00

泰然自若の堀江翔太が完敗を認めた。南アは「レベルが全然違いました」。<Number Web> photograph by Atushi Kondo

南アフリカ戦の2日後、取材に応じてくれた堀江、稲垣、福岡の3選手。稲垣選手はカメラを向けると、やっぱり笑わない。

ラグビーロスはラグビーで埋める。

 編集部もW杯の戦いに臨んだ各代表チームと同じく、いわば“総力戦”で、W杯総集編のナンバー増刊号「桜の証言」の製作に取り掛かった。制作猶予である10日間の終盤には、「あれ? きょう何曜日だっけ?」と曜日感覚が欠落する人間が続出するほどの消耗ぶりであった。

 幸いなことに、取材アポ取りの僥倖は続き、田村優、田中史朗、松田力也の各選手の時間をもらうことができ、計6選手のインタビュー記事を掲載することができた。

 巷では想像以上に「ラグビーロス」現象が起きていて、トップリーグの各クラブにはチケットの問い合わせが殺到しており、12月1日に秩父宮で行われる大学ラグビーの早明戦のチケットはすでに完売だという。

 史上類を見ない注目を浴びる日本ラグビー。ナンバーはもちろん、W杯“後”の日本ラグビーも追い続ける。すでにいくつかの企画が動き始めている。

そして刷り上った見本誌のページを繰り、夢のようなあのジャパンの5試合の記憶を呼び起こしながら、こうも思う。

 ラグビーロスは、ラグビーでしか埋められないのだ。

11月9日発売のNumberPLUS「桜の証言」は、ラグビーワールドカップを振り返る完全保存版の総集編。激闘を終えたばかりの日本代表6選手の貴重な独占インタビューのほか、チームの内幕に迫った深層ドキュメント「ジェイミージャパン 地図のない冒険」、元日本代表主将・廣瀬俊朗さんからリーチマイケル選手へのメッセージ、そしてチーム最多5トライをあげたなど松島幸太朗選手の「高校時代」をテーマにしたノンフィクションなど、あらゆる角度から歴史を作った「ONE TEAM」に迫ります。
<完全保存版>ラグビーW杯2019 桜の証言

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number PLUS December 2019

<完全保存版>
ラグビーW杯2019 桜の証言

【連続インタビュー】 福岡堅樹/堀江翔太/田村優/稲垣啓太/田中史朗ほか
【あのシーンが甦る】 全45試合完全リザルト
南アフリカ3度目のV

定価:本体1400円+税目次ページへ

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

堀江翔太
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ