JリーグPRESSBACK NUMBER

11年前、城福浩が見た「東京の未来」。
三田啓貴の原点とJ初制覇への渇望。 

text by

馬場康平

馬場康平Kohei Baba

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/10/23 20:00

11年前、城福浩が見た「東京の未来」。三田啓貴の原点とJ初制覇への渇望。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

今夏にJ1初制覇を目論む古巣へ戻ってきた“タマ”こと三田啓貴。東京愛に溢れたレフティーの存在感は日に日に高まっている。

明治大で成長、磐田からもオファー。

 '08年10月のある日、明大の神川明彦監督(当時)の携帯電話が鳴った。液晶画面には、FC東京の強化担当の名前が浮かぶ。電話を取ると、話を聞いて驚く。翌年から入学が決定していた三田を、東京のトップチームに昇格させたいという話だったからだ。だが、決定を覆すことはできず、神川はその話を断った。

 明大に進学すると、いきなり大仕事をやってのけた。'09年の天皇杯で次々とJクラブを破る勝利の立役者となった。湘南ベルマーレを1-0で破り、モンテディオ山形を3-0で圧倒した。いずれも決勝点を挙げたのは三田だった。

 神川は「自分自身もプレッシャーだった。プロに行くチャンスがあった選手を預かるのは初めてだったので」と話す。4年間、精神的にムラがある三田に厳しく接しながらも、常に高い期待を懸けて成長を促した。2年の夏には1カ月間、スペイン4部のコロネアへ短期留学させ、大学3年生からは山田大記(ジュビロ磐田)が背負った10番を託された。

 '11年の冬、東京と磐田からの獲得オファーが舞い込んだ。明大で2つ上だった山田らが在籍する磐田行きに、本人の心は揺らいだ。「東京は好きだけど」と悩む中で、高校時代の恩師から食事の誘いを受けた。目の前に座った倉又は、真剣な顔で言った。

「おまえが東京で活躍する姿を俺は見たいんだ」

 その言葉で心を決めた。

「あの言葉はうれしかった。だから、倉又さんのためにも絶対に活躍したいと思った」

 大学生活を送る中で、精神的にも成長した。最終学年になり、FC東京の特別指定選手としてプレーするようになると、高校時代を知るスタッフたちは変貌ぶりに驚くほどだった。

「サッカーと、東京が好き」

 プロ入り後は'16年からベガルタ仙台、ヴィッセル神戸と渡り歩いた。今夏から再び青赤に袖を通し、10月5日のJ1第28節サガン鳥栖戦の後半4分に、右CKから直接ゴールネットを揺らして復帰後初ゴールを奪った。続く第29節は古巣の神戸相手に先発し、3-1の勝利に貢献。残り5試合で首位・鹿島アントラーズと勝ち点で並ぶチームでの存在感は徐々に高まっている。

 過去に出会った素敵な指導者たちが、父に教わったサッカーを大好きにしてくれた。注がれた愛情の分だけ、東京への愛は深くなった。だから、心の片隅には「いつかは東京で」と思ってきた。

「とにかくサッカーと、東京が好き」

 その一途な思いは変わらない。3年半の長旅を終えて、家に帰ってきたタマはごくごく自然に言った。

「ただいま」

 もちろん選手、スタッフも「おかえり」で迎えた。そして、声をそろえる。

「一緒に勝つぞ」、と。
 

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
FC東京
三田啓貴
武藤嘉紀
城福浩

Jリーグの前後の記事

ページトップ