ラグビーPRESSBACK NUMBER

元日本代表キッカー栗原徹が解説。
田村優のPG、新しい工夫と修正力。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/10/19 20:00

元日本代表キッカー栗原徹が解説。田村優のPG、新しい工夫と修正力。<Number Web> photograph by Getty Images

ゴールの右サイドから蹴るときも田村から見て左向きにボールを倒すのが新しい工夫だという。

ゲームキャプテンの“アシスト”。

 プレースキックは大事な場面になればなるほど、プレッシャーも増す。しかし田村はここぞの場面ではね飛ばして、ゴールに放り込んできた。これにはゲームキャプテンの“アシスト”があるという。

「ゴールを狙うかタッチに行くかは、リーチ(マイケル)やピーター(・ラブスカフニ)が決めている。キッカーがちょっと難しいだろうなと思ってもゲームキャプテンが『狙え』と言ってくれたらキッカーとしては実は精神的には楽なんです。外しても『俺が(狙うことを)主張したわけじゃないしな』って思えますから。

 その意味でもゲームキャプテンを中心にした、凄くいいコミュニケーションと信頼関係があるんじゃないかなって感じていますね」

 栗原、五郎丸、そして田村。

 キックが日本ラグビーを世界列強に押し上げてきたのは事実。

 再び南アフリカを越えていけ。

 夢を乗せた、田村優のその右足で――。
 

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
田村優
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ