球道雑記BACK NUMBER

「ついで」の存在からドラフト指名。
父の死、難病も乗り越えた望月大希。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byRyotaro Nagata

posted2019/10/21 20:00

「ついで」の存在からドラフト指名。父の死、難病も乗り越えた望月大希。<Number Web> photograph by Ryotaro Nagata

日本ハムから5位指名を受けた創価大・望月大希。女手ひとつで育ててくれた母と写真に収まった。

防御率0.76、リーグ2位に返り咲き。

 以後は経過を観察しつつ、少しずつイニングと実績を伸ばしてきた。

 2年秋のリーグ戦では3試合3回2/3というわずかな登板機会しか与えられなかったが、3年春には6試合28回1/3でリーグの規定投球回数をクリア。防御率も1.27を記録し、リーグ2位の成績をあげた。3年夏のオープン戦の不振とチーム事情で、秋のリーグ戦はリリーフに回り3試合7回を投げるのみで終わったが、4年春のリーグ戦では35回1/3を投げて自責点はわずか3。防御率0.76の成績で再びリーグ2位に返り咲いた。

 今年6月の全日本大学選手権でも、角度があって伸びもある140km台中盤のストレートと落差ある縦割れのカーブを武器に、前年度優勝の東北福祉大を8回2安打1失点に抑える好投を見せた。

侍ジャパン大学代表で得た刺激。

 試合こそ敗れはしたがその内容は高く評価され、同月21日から3日間に渡って行われた侍ジャパンJAPAN大学代表の選考合宿にもチームから唯一選出された。

「合宿は3日間だったんですけど収穫どころじゃなかったですよ。自分よりいい投手がたくさんいて、そこに混ぜてもらって、バッターも全国からいい選手が集まっていて、そこで投げることができた。いいボールが投げられて、あまり捕らえられなかったことで、このレベルでも通用するなと自信にはなった。あの経験があったからこの秋も投げて、投球術というか、相手を(上から目線で)見ることも大事だなって感じるようになった。そこは大きいと思います」

【次ページ】 父の死、母への感謝。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北海道日本ハムファイターズ
望月大希
杉山晃基
創価大学

プロ野球の前後のコラム

ページトップ