マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

青森山田・堀田賢慎の剛球を受けた。
直球の回転音が美しいドラフト候補。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byMasahiko Abe

posted2019/10/16 17:00

青森山田・堀田賢慎の剛球を受けた。直球の回転音が美しいドラフト候補。<Number Web> photograph by Masahiko Abe

佐々木朗希、奥川恭伸の2人に注目が集まりがちだが、高校生投手では堀田賢慎の名も忘れたくない。

「破壊力」を持って帰れたらいい。

 座っていい?

「はい! お願いします!」

 この時の反応が大事。

 ここで、グッとこっちに入ってくるかどうか。

 帽子をとって、目がまっすぐにこっちを向いている。よっし、今日は組める……。

 もちろん、ストレートから。

 今日は、こいつの「まっすぐ」を受けに来たんだ。真ん中に構える。内でも、外でも、どっちでもいい。今日は、堀田賢慎の「破壊力」を持って帰れたら、それでいい。際に構えて、渾身の腕の振りを損ねちゃいけない。

 だんだん力、上げてってなー!

 軽く腕を振っているようで、恐ろしいほどボールが来る。大船渡高・佐々木朗希と同じメカニズム。

 実は、堀田賢慎、岩手は花巻の生まれ育ち。だから、岩手からはすごいピッチャーが……なんて、そんな短絡したことは絶対言わない。

うわっ、最初からミットが負けてる。

 ゆったりと踏み込んだ。

 長い腕もゆったりと振り下ろされる。その指先から、いきなりビユーンと来たから驚いた。

 真ん中ちょい高め。

 うわっ、最初からミットが負けてる。ああ、このやろー……。自分を叱る。

 3球、4球……頼んだように、徐々に、徐々に、指をかけてくる。

 そのたびに、球道途中から、グワーッと来る感じが増してくる。

 ミットを下げてタイミングをとっていたら、さっきみたいにミットが負ける。構えたミットを、早めに手前に引くようにしてタイミングをとって、なんとか間に合う。反応が遅れるのは、まだ朝の8時過ぎ……そのせいか……いや違う、逃げてんじゃねーよ……。

 この時間に、間違いなく145キロ前後は出ている。

 三重中京大・則本昂大(現・楽天)は、朝の8時に「148キロ」出してみせた。その則本の“148”より、間違いなく速い。

【次ページ】 “光”が飛んでくるように見える。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
堀田賢慎
青森山田高校

高校野球の前後の記事

ページトップ