マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

青森山田・堀田賢慎の剛球を受けた。
直球の回転音が美しいドラフト候補。

posted2019/10/16 17:00

 
青森山田・堀田賢慎の剛球を受けた。直球の回転音が美しいドラフト候補。<Number Web> photograph by Masahiko Abe

佐々木朗希、奥川恭伸の2人に注目が集まりがちだが、高校生投手では堀田賢慎の名も忘れたくない。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Masahiko Abe

 このピッチャーを受けに行こう!

 勝手にそう決めたのは、今年6月の高校野球・東北大会のことだ。

 185センチ83キロ、均整抜群の体躯。長い手足を伸びやかにしならせて、145キロ前後の快速球と複数の変化球をガンガン投げ込んでくる“活気”ある投げっぷりに、見ていて胸が躍った。

 青森山田高・堀田賢慎。

 今年の東北は、「佐々木朗希」だけじゃなかった。

 力を入れて投げようとし過ぎないのがいい。

 そこまで力感がないのに、ボールの推進感がすばらしい。

 捉えたはずのタイミングでフルスイングしているのに、打球はどん詰まり。ミットに入ってから空振りしている場面も何度かあった。盛岡四高を相手の7イニングを、5安打8奪三振。たった1時間半ほどで、無失点に抑えていた。

この「青年」とじっくり話がしたい。

 それ以上に、試合の後の囲み取材での彼の様子が、私の心を射ていた。

 問う記者の目をしっかり見つめて“問い”を受け、メリハリの効いた語り口で、語尾までキチッと話しきる。

 普通の「東北の子」じゃなかった。

 この少年、いや「青年」とじっくり話がしてみたい。

 それが実現したのが、この9月だ。野球雑誌『ホームラン』の取材で、青森山田高のグラウンドに伺った。

 話してみて、思った通りの青年だった。

 ただの「剛腕」じゃなかった。中味があった。

 すぐに、地元・東北地方の放送局のプロデューサーさんに連絡して、スポーツ番組の企画として、堀田投手のピッチングを受けさせていただけないか……とのお願いを受け入れていただいた。

 ありがたいことに、青森山田高・兜森監督も快諾してくださった。

【次ページ】 アップだけで、もうオーラが違う。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

堀田賢慎
青森山田高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ