サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

鎌田大地が探すFWとしての生き方。
「経験が少ない分、発見しかない」

posted2019/10/12 11:50

 
鎌田大地が探すFWとしての生き方。「経験が少ない分、発見しかない」<Number Web> photograph by Getty Images

鎌田大地のポテンシャルが、代表で完全発揮されているとはいい難い。ベストの形が早く見つかってほしい。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Getty Images

「あぶなかった」

 祝福に訪れた長友佑都とゴールゲッター鎌田大地の表情がスタジアムのオーロラビジョンに映し出された。鎌田の唇がそんなふうに動いているように見えた。

 82分、遠藤航が放ったミドルシュートのこぼれ球をヘディングでゴールへ押し込み、日本代表初ゴールを決めた鎌田だが、喜び以上に安堵感を漂わせていた。

「めちゃくちゃ外していたし、ドイツでもゴールが入らない時期が続いていたので、やっとかぁという感じですかね」

 ワールドカップカタール大会アジア2次予選、モンゴル戦。開始からモンゴル陣地に攻め込み続けた日本は、22分に南野拓実がゴールを決めると、前半だけで4得点と一方的に試合を進めていた。前半のシュート数は14本。後半も18本を打っている。

「前半に4点入り、後半はある程度落ち着いた試合になった。ある程度余裕のある状況だったけれど、そこへ途中から入るのは簡単じゃないなと思ってみていました」

 ベンチに座り、戦況を見ていた鎌田が振り返る。

プレーは悪くない、ゴールだけが。

 昨季、レンタル移籍していたベルギーのシント・トロイデンで12得点をマークし、今季はフランクフルトに復帰。出場機会は得ているが、ゴールからは遠ざかっていた。

「1ゴールを決めれば、彼は苦しみから解放される」とフランクフルトの指揮官アドルフ・ヒュッターが語るほど、ゴールだけが足りない状況だった。

「その通りだと思います。壁といえばもちろん壁なんだろうけれど、僕のプロとしてのキャリアを振り返ると、1点獲るまでに時間はかかる。でも、1点獲れればそれ以降も獲れると思っている。

 プレー自体はそれほど悪くないと思うし、点さえついてくれば、もっと上に行ける。その1点を僕自身も待っているし、チームのみんなも待っていると思うので、そういう部分で楽になりたいと考えている」

【次ページ】 代表では、FWでの期待が強い。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鎌田大地

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ