日々是バスケBACK NUMBER

伊藤拓摩、バスケ指導者が米国修行中!
「でも日本人ってシュートを狙わない」

posted2019/10/23 08:00

 
伊藤拓摩、バスケ指導者が米国修行中!「でも日本人ってシュートを狙わない」<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

コーチと言っても、単に選手の練習の管理だけでなく、仕事は多岐にわたる。そのすべてが伊藤拓摩の糧になっている。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yoko Miyaji

「僕、ぞっとするんですよね」

 伊藤拓摩は、穏やかな笑みを浮かべながら、そんなことを言った。自分の過去を振り返り、違う道を進んでいたらどうなったのかと考え、恐ろしくなるときがあるのだという。

 ひとつ目の例としてあげたのは、中学を卒業してすぐにアメリカに渡ったこと。コーチになりたいと思うようになったきっかけでもあり、高校、大学と、アメリカのコーチたちから多くのことを学んだ。大学ではコーチになるための勉強にも励んだ。確かに、その後の人生を左右する大きな決断だった。

 伊藤が2つ目にあげたのは、自ら選択したことではなく、むしろ思うようにいかずに、悔しい思いをした出来事だった。

 伊藤は、2015-'16と2016-'17の2シーズン、アルバルク東京('15-'16はトヨタ自動車アルバルク東京)のヘッドコーチを務めた。この2年とも、接戦の末、あと一歩のところでリーグ決勝進出を逃していたのだが、「あの時に、もし決勝に進んでいたらと考えるとぞっとする」と言うのだ。

「決勝に出ていたら、優勝していたかもわからない。そうしたら、そのままコーチをやり続けていたかもしれない。でも、コーチをやり続けていたって考えると、本当に怖いです」

 この心境を理解するには、当時の状況の説明が必要だろう。

「『俺はコーチとして生まれてきた』ぐらいな(笑)」

 伊藤がアルバルクのアシスタントコーチからヘッドコーチに昇格したのは、彼がまだ33歳のとき。そしてその翌年、伊藤にとってヘッドコーチ2シーズン目は新しく始まったBリーグ1年目というタイミングだった。

 Bリーグの記念すべき開幕戦のカードを戦うチームとして選ばれたアルバルクは、田中大貴や竹内譲次、松井啓十郎といった日本代表級の選手たちや、元NBA選手のディアンテ・ギャレットがいて、マスコミから「エリート軍団」と呼ばれる注目チームだった。

 ヘッドコーチ2年目にして、日本バスケットボール界でこれまでにないほどの注目と期待を担うことになったのだ。

 高校のときからコーチを目指していた伊藤は、そんな状況にプレッシャーを感じながらも、自分のコーチングに絶対的な自信をもっていたのだという。そんな時、突然、チームから解任を言い渡された。

「当時は今より自信家で、不安がなかったんです。おおげさに言うと『俺はコーチとして生まれてきた』ぐらいな(笑)。でも首になったことで、自分の悪いところが色々と見えてきたんです。それで自信を失い、メンタル的にも落ち込むこともありましたけれど、でも、今となってはよかったと思っています。これを気づかずにずっとコーチしていたら、ただの裸の王様になっていました」

【次ページ】 「もし海外挑戦するならサポートしたい」とも。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊藤拓摩
アルバルク東京
ダラス・マーベリックス
テキサス・レジェンズ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ