沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

凱旋門賞、日本勢大敗のショック。
タフな馬場の攻略法は見つかるのか。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/10/07 11:50

凱旋門賞、日本勢大敗のショック。タフな馬場の攻略法は見つかるのか。<Number Web> photograph by Kyodo News

日本勢で最先着はキセキの7着。ヨーロッパと日本の環境の差を乗り越えて凱旋門賞を勝つ馬は、いつ現れるだろうか。

実力は世界トップレベルだけに。

 キセキに騎乗したクリストフ・スミヨンは「重い、難しい馬場で、スピードに乗るのに時間がかかった」と、タフな馬場を敗因に挙げているが、それはほかの馬たちにとっても同じ条件だ。

 キセキはこれまでの日本馬同様、仏シャンティイに滞在して調整された。ブラストワンピースとフィエールマンのノーザンファーム生産馬2頭は、今回、ニューマーケットに滞在して坂路調教で仕上げて前日輸送という形を取った。

 どちらがいいのかはわからないが、ディアドラのように「ヨーロッパ仕様」の走りをマスターするには、やはり時間が足りなかったのかもしれない。

 ドバイや香港などで行われるGIの結果が示しているように、日本馬の実力は確実に世界のトップレベルにある。あとは、その舞台にいかにフィットするか、だ。

 1969年に野平祐二のスピードシンボリが初参戦してからの半世紀では、世界最高峰に登り詰めることは叶わなかった。悲願達成までさらに半世紀を要するのか、もっと早く喜びに浸ることができるのか。これからもチャレンジをつづけることが、その答えを出す唯一の方法であることは間違いない。
 

関連記事

BACK 1 2 3
フィエールマン
クリストフ・ルメール
川田将雅
ブラストワンピース
クリストフ・スミヨン
キセキ

競馬の前後の記事

ページトップ