マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2019年ドラフトを1人で全予想・中。
広島・楽天は投手、阪神は4番候補。

posted2019/10/02 18:00

 
2019年ドラフトを1人で全予想・中。広島・楽天は投手、阪神は4番候補。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

智弁和歌山の東妻純平は2019年ドラフトの高校生捕手ではかなり上位の存在だ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「2019ひとりドラフト」の第2回目は、指名順5番目から8番目までの4球団です。

 順に、阪神タイガース、千葉ロッテマリーンズ、広島東洋カープ、東北楽天ゴールデンイーグルス。

 このままじゃいけない阪神、広島。凛々しく奮闘した千葉ロッテに楽天。さあ、どういう展開になりますでしょうか。

〔阪神タイガース 2019年ひとりドラフト指名選手〕
1位 三塁 石川昂弥(東邦高) 185cm84kg 右右
2位 投手 浅田将汰(有明高) 181cm85kg 右右
3位 一塁 片山勢三(パナソニック) 176cm105kg 右右 24歳
4位 外野 前野幹博(ヤマハ) 186cm95kg 右左 24歳
5位 投手 重吉翼(日本航空石川高) 183cm82kg 右左
6位 投手 佐藤一磨(横浜隼人高) 188cm87kg 左左
7位 三塁 藤岡陸(希望が丘高) 186cm80kg 右右
8位 外野 古田佑一郎(岡山商科大) 188cm82kg 右左

〔総評〕
 そりゃあ、甲子園のスターは獲りたいに決まっている!

 奥川恭伸に一直線といきたいところだが、そうもいかないのが辛いところだ。  

 なに、佐々木朗希? それはないだろう……同じようなタイプの「藤浪晋太郎」でこれだけ苦労しているのだから。

 それより「打線」のほうだろう。

 糸井嘉男38歳、福留孝介42歳……2人が丈夫なのをよいことに、いつまでも苦労をかけている場合じゃない。その上、鳥谷敬までいなくなりそうな雲行きだ。

「4番」の期待をかけてというよりは、4番の座を用意して招いた大山悠輔。どうぞ……といわれて取りにいかないのなら、ほかに回すのも“手”であろう。

 4番がいない。チームの中にはどこを探してもいない。ならば、在野だ。いる! 高校生にいる!

 石川昂弥(東邦高)だ。

 無類の長打力に、この春からは体を崩されてもヒットにできる技術と、ここ一番でタイムリーが打てる勝負根性まで身に付けて、「U18」では木製バットを使いこなせることまで証明してみせた。

 三塁が守れる大型内野手……願ったり叶ったりじゃないか。ここは迷わず、いきなりだ。

 3位片山、4位前野。この2人だって立派な「4番候補」だ。社会人を代表する右と左の大砲2門。

 片山は、そっくりそのまま山川穂高(西武)だ。単なる“力持ち”じゃない。バットコントロールが柔軟で、技術でホームランが打てる。

 前野は高校を出て、社会人6年目。腐らず、よく辛抱して、持ち味の長打力をプロのレベルに磨きあげた。

 あれっ、ちょっと待ってくれ……確か、去年のドラフトで「PL学園最後のプロ野球選手」。そんな触れ込みでプロ入りして即戦力となったオリックス・中川圭太。その1年先輩になる。

 ほんとにほんとの「PL学園最後のプロ野球選手」。さすが、PL学園。層が厚い。

 2位に浅田将汰を持ってきたのも、強打という保険があるからだ。150キロと150m。スピードボールと飛距離。夢のある選手だ。

 あとの4人は、大学生の古田も含めて、「次期タイガース要員」。

 剛腕・重吉、角度の佐藤、スラッガー・藤岡、快足・強肩・機動力の古田。

 中でも、横浜隼人の超長身左腕・佐藤一磨、きっと水谷監督が喜んでいるだろう。監督に就任して、ユニフォームをタテのストライプに変えてしまったほどのタイガース・フリーク。育ててもらった恩返し……熱い期待に応える番だ。

【次ページ】 ロッテは最高の人数バランスで指名。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川昂弥
奥川恭伸
西純矢
森下暢仁
鈴木寛人
津森宥紀
佐々木朗希

プロ野球の前後のコラム

ページトップ