マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2019年ドラフトを1人で全予想・上。
ヤクルトは投手が急務、オリは捕手?

posted2019/10/01 18:00

 
2019年ドラフトを1人で全予想・上。ヤクルトは投手が急務、オリは捕手?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

星稜・奥川恭伸のような人気選手はやはり競合の可能性が高い。他の選手の1本釣りに動く球団にも一理はあるのだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「ひとりドラフト」は、私が続けていた野球雑誌『野球人』の中で、毎年ドラフト直前の恒例企画として行ってきたものです。

 12球団の代表者になったつもりで、実際のチーム事情とチーム作りを考え合わせながら、実際のドラフト候補選手たちを指名して、ひとりで「ドラフト会議」を完遂してしまう。そういう企画です。

 本物のドラフト会議が終わったあとに“答え合わせ”をしてみると、何人かの選手がその通りの球団に指名されていたり、逆に「ひとりドラフト」では2位に指名した選手が指名漏れになっていたり、各球団の意向と自分の評価の違いが透けて見えて、なかなかに興味深い企画なのです。

 その結果を、今年はこの「Number Web」で披露させていただけることになりました。

 この1年間、野球の現場で取材を続け、選手側の関係者たち、プロ側のスカウトの方たちから聞き取った内容の集大成。

 12球団の指名選手たちの顔ぶれとその順位を眺めていくと、「2019ドラフト」の全容がほぼ見えてくるのではないでしょうか。

チームの現実を踏まえたリアル・フィクション。

 セ・パ両リーグの最下位球団から指名していくのですが、今年からドラフトのルールがちょっと変わって、指名スタートが今年はセ・リーグですが、来年以降は各リーグが交互に指名をスタートすることになりました。というわけで、今年はセ・リーグの最下位、ヤクルトからの指名スタートになります。

 なお、指名の対象になる選手は、ここまで(以下、すべての想定は9月25日現在)に「プロ野球志望届」が提出されている選手と、未提出でも、「プロ志望」の情報のある選手としています。

 各球団の「2019年ひとりドラフト指名選手一覧」の後には、どうしてそういう指名になったのか……という理由や背景を記しています。これもこの1年間の球団の動向と、関係者への取材に基づくものです。

「ひとりドラフト」はあくまでもフィクションですが、その内容は、極力現実を踏まえて考察した「リアル・フィクション」であるように努力しています。

 今回の「前半」は、実際の指名順に沿って4球団分をご披露します。

 さあ、ひと足早く、「2019ドラフト会議」のリアルな雰囲気を味わってください。

【次ページ】 投手陣が崩壊したヤクルトの指名は?

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

河野竜生
立野和明
森下暢仁
宮城大弥
奥川恭伸
佐々木朗希

プロ野球の前後のコラム

ページトップ