マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2019年ドラフトを1人で全予想・中。
広島・楽天は投手、阪神は4番候補。
 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/10/02 18:00

2019年ドラフトを1人で全予想・中。広島・楽天は投手、阪神は4番候補。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

智弁和歌山の東妻純平は2019年ドラフトの高校生捕手ではかなり上位の存在だ。

二本柱を欠いても踏ん張った楽天。

〔東北楽天ゴールデンイーグルス 2019年ひとりドラフト指名選手〕
外れ 投手 佐々木朗希(大船渡高) 190cm86kg 右右
外れ 投手 西純矢(創志学園高) 184cm85kg 右右
1位 投手 津森宥紀(東北福祉大) 177cm78kg 右右
2位 投手 遠藤成(東海大相模高) 178cm82kg 右左
3位 捕手 郡司裕也(慶應義塾大) 180cm83kg 右右
4位 投手 井上温大(前橋商高) 173cm68kg 左左
5位 投手 稲毛田渉(仙台大) 185cm88kg  右右
6位 外野 石黒凌(日本製紙石巻) 180cm83kg 右右 24歳
7位 外野 菊田拡和(常総学院高) 182cm88kg 右右
8位 投手 吉田力聖(光泉高) 181cm80kg 右左

〔総評〕
 楽天の“今季”は称賛されてよい。

 二本柱・岸孝之、則本昂大を故障や体調不良で欠きがち(2人合わせて8勝)な中で、美馬学、辛島航、石橋良太の「たたき上げトリオ」が合わせて25勝。見事に留守を守ってAクラスを死守。CS進出の権利獲得にこぎつけた。

 1位入札は佐々木朗希。

 彼は最初は、家族に近い場所がいい。

 そう願ったのだが、抽選では「ソフトバンク」。皮肉にもいちばん遠いチームが獲得した。

 西も外して、地元・仙台のサイドハンドと縁が結ばれた。意気に感じて投げる時の猛烈なパワーはプロ向きと見たい。ムラッ気は“仕事”で投げるようになれば解消するケースも多い。学生時代の則本だって、そうだった。

 2位遠藤は二刀流だが、すでにプロ級のスイングスピードと力を出し惜しみしないエネルギッシュなプレーを買って、野手で。頑張り屋・茂木の後継なら、なんだか「似た者同士」だ。

 郡司が仙台に帰ってくる。その仙台から、稲毛田と石黒が同期でチームメイトに。それぞれのポジションで、次代のチームリーダーになりうる若者たち。

 今年の楽天は「東北」にこだわった。2位の遠藤だって、高校は相模だが中学までは秋田の海沿いの町で生まれ育ったのだ。

 ドラフトの習性みたいなもので、チームの中心選手によく似たタイプを指名するケースが、昔からとても多いものだ。

 4位井上と辛島航。背格好から、しっかり半身に割って球持ち抜群のフォームに、体感速度で勝負の上質の球質。重なる部分ばかりだ。

 実は、このスリムな高校生左腕、先輩の大学生右腕たちより先に戦力になるとにらんでいるのだが、果たして……。

関連記事

BACK 1 2 3 4
石川昂弥
奥川恭伸
西純矢
森下暢仁
鈴木寛人
津森宥紀
佐々木朗希

プロ野球の前後の記事

ページトップ