セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

脅迫、暴行、報復上等の半グレ集団。
ウルトラスの実態を潜入記者が語る。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2019/10/02 19:00

脅迫、暴行、報復上等の半グレ集団。ウルトラスの実態を潜入記者が語る。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

セリエAなどのゴール裏のサポーターには危険な人物も存在する。それを浄化するための動きをユベントスなどは見せている。

中小グループが勢力を拡大中。

 イタリアは、理想とお題目に反してままならない現実と、折り合いをつけようとする。人間らしく、もがこうとする。

「ラストバナー作戦」から5日後、セリエA第4節のユベントス対ベローナ戦が行われた。アリアンツ・スタジアムには厳戒態勢が敷かれ、4大グループがいなくなった南側ゴール裏スタンドからは、旗もバナーも怒鳴り声も消えた。歓声だけがあった。

 アリアンツ・スタジアムからウルトラスは一掃されたのだろうか——。

 否、代わりにこれまで頭を抑えられてきた中小グループが勢力拡大を始めたところだ。今のところ、各クラブの会長たちが仕切るリーグ機構もFIGC(イタリア・サッカー連盟)も、今回の捜査について称賛するでもなく賛同するでもなく、ダンマリを決め込んでいる。

 ウルトラス問題の根の深さは、ちょっとやそっと掘ったぐらいではたどり着けない。

 ひとつ確かなことがあるとしたら、いつか娘が恋人を連れてきて、その彼がウルトラスだったときに彼女にかけてやる言葉だ。

 その世界を少し覗いた者として「彼との交際をよく考えなさい」と言おうと思っている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
レッジーナ
ユベントス
中村俊輔

海外サッカーの前後の記事

ページトップ