Number Do ExBACK NUMBER

MGCは日本マラソン最高の名勝負に。
瀬古利彦「設楽くんのおかげです」。 

text by

涌井健策(Number編集部)

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2019/09/28 11:30

MGCは日本マラソン最高の名勝負に。瀬古利彦「設楽くんのおかげです」。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

神宮外苑の芝生広場でのパブリックビューイング。先頭を走る設楽が映し出される。

大迫は、中村は設楽をどう見ていたか。

 では、その設楽の飛び出しを、優勝した中村や3位の大迫はどう見ていたのか。そしてこのMGCという舞台で勝負を分けたものは何だったのか。発売中のNumberDo「秋のラン メンタル強化大作戦」では、語り継ぐべき名勝負について詳報している。

 巻頭では、中村匠吾、大迫傑両選手の独占インタビューを掲載。レース直後の2人に貴重な時間をいただき、当事者の視線で名勝負を振り返ってもらった。

 記事タイトルは中村が「9年分の恩返し」、大迫は「マラソンは友達じゃない」。2人が歩んできた道のりや思いが伝わる、レース直後だからこその臨場感溢れる肉声をぜひ読んでもらいたい。そしてタイトルとも呼応した撮りおろしの写真も必見です。

 またマラソン解説でもおなじみのランニングコーチ・金哲彦さんが指摘してくれたのが、MGCにおける選手たちの「心の動き」。設楽、井上両選手の敗因についても解説をしてもらったが、これは市民ランナーにとっても参考になるアドバイスだ。

 ランナーに役立つ記事だけでなく、東京五輪を前にしたトップ選手も大特集したNumberDo、ぜひお手にとってみてください。

<秋のラン>メンタル強化大作戦

Sports Graphic Number Do 2019 vol.36

<秋のラン>
メンタル強化大作戦

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
瀬古利彦
設楽悠太
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ