Number Do ExBACK NUMBER

皇居ランナーアンケートで驚きの結果!
「走るのをやめたことがある」が55%。

posted2019/09/27 15:00

 
皇居ランナーアンケートで驚きの結果!「走るのをやめたことがある」が55%。<Number Web> photograph by Tokuhiro Kanoh

8月下旬、少し暑さが和らいだ夕刻に121名のランナーから回答を得た。

text by

寺島史彦(Number編集部)

寺島史彦(Number編集部)Fumihiko Terashima

PROFILE

photograph by

Tokuhiro Kanoh

 ランニングとメンタル。この2つは切っても切れない関係にある。

「走りにいこうかな」「でも、疲れているし……」「ここで自分に負けて走らなかったら自己嫌悪に陥りそう」「ただ明日も仕事忙しいよ」「結局、走り終わったら爽快感と充実感が残るじゃない」「それはわかっているんだけどね」

 こんな自問自答を心の中で繰り返した経験のあるランナーも多いのではないか。

 9月26日発売の「Number Do」では「メンタル強化大作戦」と銘打ち、ランナーと心の関係を大特集した。その中でランナーの偽りのない現状を映し出したという意味でとても興味深かったのが「皇居ランナー121人メンタルアンケート」だ。

 8月下旬、小雨が落ちるなか、121人もの市民ランナーに直撃取材を実行。とても多くの興味深い回答をいただくことができた。

半数以上のランナーが中断経験あり。

 その中でも、ランナーとメンタルの関係を考える上で示唆に富むのが、「ランニングを始めてから1カ月以上中断したことはありますか?」という質問への回答だ。

Q.ランニングを始めてから1カ月以上中断したことはありますか?

YES...66人
NO...55人

 なんと、半数以上のランナーが「走るのをやめたことがある」と回答したのだ。中断期間は「1カ月~3カ月」が最多だが、「1~3年」が5人、「3年以上」という長期の中断を経てもう一度走り始めた人も2人いた。

 もちろん皇居“ランナー”へのアンケートなので、すべての人が中断期間を経た後に走ることを再開しているのだが、「ランニングブーム」の現状を探る上でもとてもいい材料になりそうだ。

 笹川スポーツ財団の調査によると、2018年のランニングの推計実施人口(年1回以上ジョギング・ランニングを実施)は964万人。2012年の1009万人をピークに、2014年は986万人、2016年は893万人とランナー人口は減少傾向にあり、「ランニングブームは終わった」との声も聞かれるようになったが、2018年は再び盛り返したことになる。

 同財団のレポートでは増加の要因を、20歳代、30歳代の男女、そして東京都区部など人口規模が大きい地域の実施率の高さにあると分析している。

【次ページ】 ケガでの中断が最大の理由。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

陸上の前後のコラム

ページトップ