オリンピックPRESSBACK NUMBER

女子レスリングは弱くなったのか?
世界選手権で金メダル「1」の意味。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/09/26 07:00

女子レスリングは弱くなったのか?世界選手権で金メダル「1」の意味。<Number Web> photograph by AFLO

敗戦のショックにも銅メダルを獲得した川井友香子。世界との立ち位置が見えた今大会となった。

「お母さんとお姉ちゃんが泣きながら」

 それからどうやって気持ちを整えたのか。友香子は「自分ひとりだったら絶対立ち直ることができなかった」と振り返る。

「お母さん(元日本代表の初江さん)とお姉ちゃん(梨紗子)が泣きながら『絶対諦めるな』と言ってくれた。気持ちを切り替えるのに時間はかかったけど、家族のおかげでそうすることができました」

 西口強化本部長は「厳しい結果であることは事実」と認める一方で、「克服できないことはない」と前向きだ。

「昨年のアジア大会の時にはこっちもパニックになりそうだったけど(女子は金メダル0という大惨敗に終わる)、あの時ほど先が見えないというわけではない。何を直さなければいけないかは見えています」

 弱くなっていないことを証明する舞台は東京オリンピックしかない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
川井梨紗子
川井友香子
土性沙羅
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ