ラグビーPRESSBACK NUMBER

“重圧”に勝ったラグビー日本代表。
負けられない開幕戦で得た勝ち点5。

posted2019/09/21 12:00

 
“重圧”に勝ったラグビー日本代表。負けられない開幕戦で得た勝ち点5。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

序盤は「普段なら絶対にやらないようなミス」が続いた日本。プレッシャーがかかる開幕戦でノルマの勝ち点5を獲得した。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 スタンドオフの田村優の言葉が、選手たちのメンタリティを分かりやすく言い表していた。

「格下ですし、5ポイントも取らなきゃいけないし、絶対に勝たなきゃいけないし。ホントに緊張というか……緊張しました」

 通算9度目にしてアジア初の開催となるラグビーワールドカップが、9月20日に開幕した。オープニングセレモニーに続いて行われた開幕戦で、日本はロシアと激突した。

 5カ国が総当たりで争うプール戦の対戦相手で、ロシアはワールドランキングがもっとも低い。20位は参加20か国のなかでも下位から3番目だ。

 欧州予選上位国の規定違反により、繰り上がりで出場権を得た国でもある。史上初のプール戦突破、すなわちベスト8入りをターゲットとする日本にとっては、絶対に負けられない相手だった。

欲しかったボーナスポイント。

 ランキング10位の日本が同1位のアイルランド、同7位のスコットランドを上回るためには、勝利による勝ち点4だけでなく、4トライ以上で得る勝ち点1のボーナスポイントも加えておきたい。南アフリカ、スコットランドと3勝1敗で並んだ4年前のプール戦では、ボーナスポイントの差で8強入りを逃している。

 勝利するだけでは物足りない一戦なのだ。

 さらに付け加えれば、自国開催のW杯である。舞台となった東京スタジアムは、4万5745人の観衆で埋め尽くされた。昨年11月のニュージーランド戦の観客数を上回った。赤と白のユニフォームカラーで埋め尽くされたスタンドの景色が、重圧としてのしかかってもおかしくない。

【次ページ】 開始早々にミスから失点。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田村優
松島幸太朗
堀江翔太
姫野和樹
ジェイミー・ジョセフ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ