欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

カバーニかマンジュキッチの獲得を!
マンU再建への最適解とは?

posted2019/09/14 11:50

 
カバーニかマンジュキッチの獲得を!マンU再建への最適解とは?<Number Web> photograph by Uniphoto Press

プレミアリーグ第4節までで1勝2分け1敗。スールシャール監督はチームを立て直せるか。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 マンチェスター・ユナイテッドにドップリはまって四十余年。足元から雉が立つ程度では驚かなくなってきた。なにしろ、あのマルアヌ・フェライニ(現・山東魯能)をなぜか獲得し、わけが分からないままデイビッド・モイーズを招聘までしたクラブである。

 なりふり構わずなんでもやる。

 1998-'99シーズンのトレブルや同シーズンからのプレミアリーグ3連覇、2006-'07シーズンからも3年連続してイングランドのテッペンに立っているものの、いまや昔日の面影はない。世界中からリスペクトされていた当時のクラブは想い出に消え去り、自分にとって都合のいいニュースだけを事実と捉える一部のネットユーザーには、異常なほど節度がない批判を浴びせられるまでに落ち込んでいる。

3人の新戦力だけが期待に応える。

  今シーズンも第4節終了時点で1勝2分1敗。

 ポール・ポグバとマーカス・ラッシュフォードがPKを決めていれば、もう少し勝てていたはずとはいえ、開幕節のチェルシー戦を除くとパフォーマンスは及第点以下だ。4戦連続してサポーターの期待に応えているのは、アーロン・ワン・ビサカ、ハリー・マグワイア、ダニエル・ジェイムズの3人だけ。奇しくも今シーズンの新戦力である。

 ワン・ビサカとマグワイアはイングランド代表で、ジェイムズはウェールズ代表だ。ユナイテッドの補強軸が切り替えられた証である。サー・アレックス・ファーガソン退任後、フェライニ、アンヘル・ディマリア(現・パリ・サンジェルマン)、ロメル・ルカク、アレクシス・サンチェス(ともに現・インテル)など、知名度のある選手を獲得しても失敗が続いた。

【次ページ】 直近7年の監督がマネジメントでエラー。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オレ・グンナー・スールシャール
アーロン・ワン・ビサカ
ハリー・マグワイア
ダニエル・ジェイムズ
マリオ・マンジュキッチ
エディンソン・カバーニ
クリスティアン・エリクセン
マッシミリアーノ・アッレグリ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ