野球善哉BACK NUMBER

強打・履正社が最後に見せた緻密さ。
奥川恭伸を崩した「大事なバント」。

posted2019/08/22 19:30

 
強打・履正社が最後に見せた緻密さ。奥川恭伸を崩した「大事なバント」。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

大阪勢としては2018年に続く夏制覇。大阪桐蔭の陰に隠れがちだった岡田龍生監督と履正社が、ついに高校野球の頂点に立った。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 これが併殺打になるのか。

 2点リードの9回裏、1死一、二塁。星稜の3番・知田爽汰のセカンドゴロは併殺打になった。

 履正社が初優勝を決めたクライマックスは、芸術的なコンビプレーだった。緻密に洗練されたプレーに賞賛を送りたい。

 強打の履正社――。

 今大会を通した彼らの戦いぶりを振り返れば、そう言って間違いない。

 決勝戦を含め全試合で2ケタ安打をマーク。1番・桃谷惟吹の快音から始まり、いぶし銀の2番・池田凜の技術あり、主砲・井上広大の豪快な一発あり、勝負強い下位打線の存在も見逃せなかった。

「センバツで奥川(恭伸)くんに負けて、チームは成長させてもらいました」

 岡田龍生監督はそう言って自慢の打線に目を細めたが、今大会の履正社からは、春とは異なるスタイルを感じたのも事実だった。

好投手・前を打ち崩した集中打。

 例えば、2回戦の津田学園戦。

 2回裏に1点を先制した攻撃が象徴的だ。先頭の5番・内倉一冴がセンター前ヒットで出塁すると、続く野口海音は強攻策。結果は三振だったものの、続く西川黎にも“打て”のサインが出て、ライト前に運んでチャンスを拡大。2死から9番・清水大成のタイムリーで1点を先行した。

 続く3回も一気の集中打で5得点を挙げ、好投手・前佑囲斗を粉砕したのである。

「相手に応じて(作戦を)選んでいるところはあります。強攻して気持ちを前に向けさせることも大事ですし、バントもします」

 試合後に岡田監督はそう語ったが、その言葉に思考の変化を感じた。

【次ページ】 T-岡田、山田がいた時も緻密な野球。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

履正社高校
星稜高校
奥川恭伸
桃谷惟吹
井上広大
岡田龍生

高校野球の前後のコラム

ページトップ