野球善哉BACK NUMBER

強打・履正社が最後に見せた緻密さ。
奥川恭伸を崩した「大事なバント」。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/08/22 19:30

強打・履正社が最後に見せた緻密さ。奥川恭伸を崩した「大事なバント」。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

大阪勢としては2018年に続く夏制覇。大阪桐蔭の陰に隠れがちだった岡田龍生監督と履正社が、ついに高校野球の頂点に立った。

「盗塁0」での全国制覇。

 岡田がかつての野球を捨てて豪快な攻撃だけを求めていたら、今日のような試合はできなかっただろう。好投手の奥川をただ打ち込むだけではなく、戦略的に崩せたこと。これは履正社が長年かけて積み上げたチーム力と言える。

「人もいない、グラウンドもない中で積み重ねてきた。苦しい思いしてやってくれた子らが頑張ってくれたおかげで、この日を迎えることができた。感慨深いものがあります」

「盗塁0」での史上初の全国制覇という珍しい記録も含め、今大会の履正社のイメージは「強打」、「豪快な野球」である。

 しかしこの日、勝負どころで見せた緻密な野球こそが、履正社が長い年月をかけて作り上げてきた野球に他ならなかった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
履正社高校
星稜高校
奥川恭伸
桃谷惟吹
井上広大
岡田龍生

高校野球の前後の記事

ページトップ