欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

川島永嗣、欧州10年目の意味。
「この挑戦を心から楽しむ」 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/25 11:30

川島永嗣、欧州10年目の意味。「この挑戦を心から楽しむ」<Number Web> photograph by Getty Images

欧州でのプロ生活が10年目、フランスで4シーズン目を迎える川島永嗣。36歳となった今も、さらなる成長を求めて歩みを止めない。

川島がヨーロッパに留まる理由。

――フランスのいわゆる“外国人枠”は3つしかない。メスでも、1年前にストラスブールに加入した時も「なんで第3GKにその枠を使うんだ」というサポーターからの厳しい声がありました。メス時代はその状況からレギュラーポジションを勝ち取ったわけだけれど。

「やりたいことは変わらないし、自分が向き合うだけです。失うものはないと思って挑戦してきたからこそ、そういう自分でいられなくなるんだったら、自分が心から楽しむことはできない。自分が心から挑戦を楽しめなかったら、最高のものを作って、人に感動してもらうことなんてできない。だから、まずは自分自身が自分らしくありたい。そこが変わらないから、まだヨーロッパにいるんです」

――1年前に会った時はW杯の直後で、あんなに悔しそうな人を見たことがなかった。そのエネルギーの変わらなさに、また今日も驚いてます。

「これからのキャリアのストーリーを描ける年齢ではないし、選手って、いつ終わりが来てもおかしくないものですから。でも、どんなことでも“終わり”は必ず来る。思い切り挑戦できる時間だって限られているからこそ、心からこの挑戦を楽しみたいんです。こうやって挑戦できている自分は、やっぱり幸せだと思います」

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
川島永嗣
ストラスブール

海外サッカーの前後の記事

ページトップ