バレーボールPRESSBACK NUMBER

五輪に向け正念場の女子バレー。
課題は攻撃の「枚数」とパターン。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/08/22 11:30

五輪に向け正念場の女子バレー。課題は攻撃の「枚数」とパターン。<Number Web> photograph by Kyodo News

国際親善試合で台湾に3-0で勝利し、タッチを交わす日本代表の荒木(5番)ら。

U20世界選手権MVP・石川の言葉。

 一斉に、さまざまな場所から攻撃展開し、それを全員が決める。同様のスタイルで世界を制したU20世界選手権で主将を務め、MVPも受賞した石川はこう言った。

「曽我が後ろからフェイクで攻撃に入るのを見せるだけでも、相手のブロックが遅れるし、常に全員がバックアタックへ入る準備をすればブロックは分散する。アタッカーとしては、自分に集めてもらって本数を打つ中で調子が上がることもありますが、常に攻撃枚数があればそれだけチームの武器になる。分散した中でも、上がってきたらそこで確実に決め切る。それが、これからに向けた自分の課題だと思っています」

 U20が達成した快挙を見れば、多少パスが乱れても攻撃枚数を増やすことが世界と戦ううえで第一の策であるように思えるが、チームによって戦力や戦術が異なり、同じパターンがA代表を含むすべてにあてはまるとは限らない。

 セッター対角に守備のスペシャリストとも言うべき新鍋が入れば、サーブレシーブやディグ、つながるボールの本数が増えるのは事実である。ネーションズリーグ後のオランダとの親善試合では黒後がオポジット、石井、古賀がレフト対角に入る試合もあったが、田代は「セッターとしては理沙が入って守備が安定するほうが組み立てやすい」と述べた。

「安心させるとチームが締まらない」

 何が正解か。その答えは結果でしか証明されない。

 試行錯誤の時期を終えた今、その結果を示すべき場所が今秋のワールドカップだ。

 昨年、一昨年と国際大会が行われながらもセッターは定まらず、周囲から疑問の声が上がるたび、中田監督は「早く固定して安心させるとチームが締まらない。最後まで切磋琢磨させるためにもあえて絞らなかった」と言ってきたが、東京五輪へ向け、ワールドカップではセッターを定め、現在は5名いるミドルブロッカーも絞ると明言している。

 すでに五輪出場を決めたブラジル、中国、セルビア、アメリカといった国々がワールドカップにどんなメンバーで臨むのかはわからない。だが、日本にとって来る五輪を見据えた正念場であることに変わりはない。

 どんな戦い方が、これからの日本の正解なのか。あまりに格下との、わずか1時間程度で終わった親善試合では得られなかった「期待」を、ワールドカップでは抱かせてほしい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中田久美
関菜々巳
佐藤美弥
新鍋理沙
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ