水沼貴史のNice Middle!BACK NUMBER

水沼貴史が選ぶ一押しの海外組は?
「いい意味で森保監督を悩ませて」
 

text by

水沼貴史

水沼貴史Takashi Mizunuma

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/14 11:50

水沼貴史が選ぶ一押しの海外組は?「いい意味で森保監督を悩ませて」<Number Web> photograph by Getty Images

オランダでのデビュー戦でさっそく初ゴールの中村敬斗やマルセイユで主力の酒井宏樹。若手、中堅、ベテランともに海外組から目を離せない。

大迫、長友、酒井も注目したい。

  FWで言えば、ブレーメン(ドイツ)の大迫勇也。彼には得点を求めたいですね。昨季は怪我もあり、3得点(先発15試合)。うまい、すごい、よく収まる、それはもう十分伝わっています。だからこそブンデスリーガで2桁得点というノルマを自らに課してほしい。彼は日本のエースですから。

 さらに今季はマックス・クルーゼというチームのエースも抜けました。監督からの信頼も厚いようですから、ぜひ「ストライカー大迫」として評価を高めてほしいです。

 また、新しい選手に話題を取られがちですが、チームの中心選手として君臨し続ける長友佑都(ガラタサライ/トルコ)、酒井宏樹(マルセイユ/フランス)らの戦いもしっかりチェックしたいです。

 とくに酒井は瞬発力に優れたアフリカ系の選手が多いフランスで、抜群の安定感を誇っています。ボールを獲りにいく判断や、粘り強く相手に食い下がってシュートを打たせない、クロスをあげさせない対応が格段にレベルアップしました。移籍の話も目にしますが、現在の彼であればどこでも高いレベルでプレーできるでしょう。

W杯予選に向けて“悩ませて”ほしい。

 こうやって見ると、すべての「海外組」を挙げられないほど、多くの選手たちが世界を相手にプレーしています。現在は各クラブのスカウティング機能が発達したことで、いろんな国でサッカーをやるチャンスがあります。U-20W杯など育成世代の大会への関心も高まっていますし、もちろんJリーグでも試合に出ていれば、目に留まる可能性は大きいですね。

 Jリーグを盛り上げた海外初挑戦組も含めて、世界相手に戦える武器をどこまで磨けるか。W杯予選も始まるので、森保監督をいい意味で目いっぱい悩ませてほしいものです。

(構成/谷川良介)

関連記事

BACK 1 2 3 4
中村敬斗
伊東純也
冨安健洋
乾貴士
中島翔哉
南野拓実
大迫勇也
長友佑都
酒井宏樹

海外サッカーの前後の記事

ページトップ