野ボール横丁BACK NUMBER

信用できる男は秘密を守る――。
星稜2年生投手の尋常ならざる肝っ玉。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKYODO NEWS

posted2019/08/13 17:00

信用できる男は秘密を守る――。星稜2年生投手の尋常ならざる肝っ玉。<Number Web> photograph by KYODO NEWS

星稜の先発を務めた2年生の荻原吟哉。星稜中学時代は全国制覇も経験している。年度別の日本代表選手でもある。

試合中のハプニングにも全く動じず。

 試合後、荻原は前日に先発を告げられたときの気持ちをこう明かした。

「投げるのが楽しみで仕方なかった。わくわくしてました」

 自分がゲームをぶち壊してしまったら……という不安は「ぜんぜんなかったです」と頼もしい。

 試合中は、こんなハプニングに見舞われた。投球動作に入るとき、ボールを持った手でグラブを叩く癖がある荻原は、1回、2回とイニング終了時に主審に「投球動作の変更にあたる」として注意を受けた。

「試合中に修正はできなかったので、できるだけ小さくしました。そうしたら3回以降はもう言われませんでした」

 予想外の出来事にも冷静に対処した。

 荻原は指揮官の期待に応え、5回を投げ、1安打、無失点。星稜は残りの4回を、奥川を含む3人の投手でリレーし、6-3で勝利をたぐりよせた。

 ただし、ヒーローが誰かは明らかだった。お立ち台に呼ばれたのは荻原だった。

 荻原の好投は、世界共通の真理を証明した。

 秘密を守れる男は、信用できる――。

関連記事

BACK 1 2
荻原吟哉
奥川恭伸
星稜高校
立命館宇治高校

高校野球の前後の記事

ページトップ