酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

甲子園の観客は本当に増えてる?
実はイチローがいた年が夏の1位。

posted2019/08/10 08:00

 
甲子園の観客は本当に増えてる?実はイチローがいた年が夏の1位。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2018年夏の甲子園決勝、金足農業vs.大阪桐蔭という注目校同士の対決もあって甲子園は超満員となった。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 行った人は良く知っていると思うが、春夏の甲子園で高校野球を観戦するのは結構大変だ。

 朝8時からの試合の場合、7時には開場になるが、そのタイミングで入場するためには、夜明けくらいから入場券売り場に並ばなくてはならない。前売り券もあるにはあって、ローソンチケットなどで販売しているが、一瞬で売り切れる。今年の夏は7月23日に売り出されたが、その日の早いうちにソールドアウトになったほどだ。

 阪神電車の甲子園駅の改札を出てすぐのあたりから、阪神高速をくぐって甲子園球場まで長々と行列ができる。1時間以上待ってやっとチケットを買って、慌てて中に入る。

 “これ、何とかならないか”と、いつも思う。同じ甲子園でも阪神戦は大部分が前売りだし、当日券の購入も極めてスムーズ。つまりオペレーションが全く違うのだ。

 私は「甲子園で高校野球を見る」と思うと、まず行列に並ぶことを考えてしまう。

 昭和の時代は「券、あるよ」とくぐもった声をかける「ダフ屋」を見かけたものだが、今はもういない。以前は球場周辺で野宿をして、チケットを買い占める人もいた。しかし数年前、野宿することはできなくなった。その時期までバックネット裏は自由席だったが、内野指定席ができ、さらにバックネット裏には野球少年を招待するドリームシートができた。

 ちなみに、その頃に渦中の人となった「ラガーさん」は、テレビにこそ映らないが以後も毎年春・夏の大会に来ている。

外野席も昨夏から有料になった。

 無料だった外野席は、2018年の夏の甲子園から有料になった。

 ただ春の甲子園(センバツ)はまだ無料で、外野席に周辺の会社のサラリーマン、OLがやってきてお弁当を食べながら観戦しているのを見かける。食べ終わるとまた出ていくのだ。出入り自由だから、こういうことができるし、なかなか贅沢なものだ。

 入るのに苦労をする甲子園ではあるが、これまで「満員札止め」はあまりなかった。私は江川卓の時代から甲子園に行っているが、どんな人気者が出ても満員はほとんどなかった。

 しかし数年前から、阪神電車の梅田駅で「今からお出かけになっても入場できません」というアナウンスを聞くことが多くなった。準々決勝あたりで話題の選手が登場すると、札止めになることが多くなったのだ。

【次ページ】 センバツで1位の大会は……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大阪桐蔭高校
金足農業高校
吉田輝星
小笠原慎之介
清宮幸太郎
オコエ瑠偉
平沢大河
イチロー
松井秀喜
根尾昂

高校野球の前後のコラム

ページトップ