Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<交錯する宿命>
佐々木朗希と大船渡旋風1984
「港町の2人のエース」

posted2019/08/10 15:00

 
<交錯する宿命>佐々木朗希と大船渡旋風1984「港町の2人のエース」<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa

センバツ準決勝進出を決め、笑顔で駆けだす'84年の大船渡ナイン。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Katsuro Okazawa

2019年、大船渡の町は剛球投手の出現に沸いた。高校生史上最速、163kmの直球を携え、35年ぶりの甲子園へ。風は確かに吹いていた。その姿を見つめる、かつてを知る人々の瞼に浮かぶのは、あの春のセンバツを一人で投げ抜き、ベスト4へと導いた小柄な左腕の残像だった――。(Number984号掲載)

 エースは虚空を見ていた。視線が向けられているのは眼前の戦いか、どこか先の未来か、判別がつかない。最後の攻撃。仲間たちが立ち上がって声をあげる中、ベンチに座ったままじっと何かを考え込んでいるような、そんな眼差しだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 10402文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大船渡高校
佐々木朗希
金野正志

高校野球の前後の記事

ページトップ