Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<交錯する宿命>
佐々木朗希と大船渡旋風1984
「港町の2人のエース」

posted2019/08/10 15:00

 
<交錯する宿命>佐々木朗希と大船渡旋風1984「港町の2人のエース」<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa

センバツ準決勝進出を決め、笑顔で駆けだす'84年の大船渡ナイン。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Katsuro Okazawa

2019年、大船渡の町は剛球投手の出現に沸いた。高校生史上最速、163kmの直球を携え、35年ぶりの甲子園へ。風は確かに吹いていた。その姿を見つめる、かつてを知る人々の瞼に浮かぶのは、あの春のセンバツを一人で投げ抜き、ベスト4へと導いた小柄な左腕の残像だった――。(Number984号掲載)

 エースは虚空を見ていた。視線が向けられているのは眼前の戦いか、どこか先の未来か、判別がつかない。最後の攻撃。仲間たちが立ち上がって声をあげる中、ベンチに座ったままじっと何かを考え込んでいるような、そんな眼差しだった。

 甲子園をかけた決勝戦、佐々木朗希は一度もグラウンドに立たなかった。

「故障を防ぐために投げさせませんでした。連投で、暑い。壊れるか、壊れないかというのは未来なので知ることはできないですけど、勝てば甲子園という素晴らしい舞台が待っているのはわかっていたんですけど、決勝という重圧のかかる場面で、3年間の中で一番壊れる可能性が高いと思いました。投げなさいといえば、投げたと思います。ただ、私にはその決断はできませんでした」

 32歳の青年監督・國保陽平はベンチ前で二重、三重のメディアに囲まれる中、毅然として、目の前の一瞬よりも才能の未来を選んだのだと言った。その頭上に大船渡側の応援席にいた年配男性の怒声が降った。

「甲子園さ行きたっちゃねーのか!」

 戸惑いとため息が交錯するスタンドに吉田亨がいた。大船渡高校が唯一、甲子園に出場した1984年のチームの捕手であり、主将だった。吉田は何かを思いつめたような佐々木の表情を見ながら、つぶやいた。

「私は、これでよかったと思います――」

 脳裏には35年前の、あるエースの姿がよぎっていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

大船渡高校
佐々木朗希
金野正志

高校野球の前後のコラム

ページトップ