プロ野球亭日乗BACK NUMBER

佐々木朗希の登板回避が示すこと。
球数制限と日程変更は絶対に必要。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/07/26 16:30

佐々木朗希の登板回避が示すこと。球数制限と日程変更は絶対に必要。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

準決勝では完封勝利を挙げた佐々木朗希。その翌日が決勝でなければ……。

「投げたい気持ちはあった」

「高校野球をやっている以上、試合に出たいのは普通のこと。投げたい気持ちはあった」

 甲子園目前で敗れ去った佐々木は、試合後にこう語ったという。

 投げたい気持ちは、当たり前だ。

 ただそうさせなかったのは、国保監督ではない。

 きちっと選手のことを考えたときに、エースをマウンドに送り出せない――そういう高校野球の環境であり、その環境を作っている高野連ではないだろうか。

高校野球が教えてくれた。

Sports Graphic Number 983

高校野球が教えてくれた。

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

佐々木朗希
大船渡高校
国保陽平

高校野球の前後のコラム

ページトップ